コレステロール

世間ではコレステロールは摂取しないほうが良いといわれていますが、なにもコレステロールのすべてが悪いわけではありません。

むしろコレステロールは体にとってなくてはならないものです。

コレステロールは脂肪の一種で、白いやわらかい結晶として存在しています。

コレステロールは酢酸を材料とし、複数の過程を経て合成されます。

材料の酢酸は、糖や脂肪酸の分解で生まれます。

ヒトの体内にはほぼ100~120グラムのコレステロールがあり、脳や肝臓、脂肪組織、副腎などに多く存在しています。

コレステロールの役割は大きく分けて3つに集約されます。

第一に私たちの基本単位である細胞の膜をつくる働きがあります。

細胞膜はコレステロールとリン脂質や一部のタンパク質から成るので細胞膜の強度を保つならコレステロールは必要不可欠です。

第二にコレステロールはステロイドホルモンの材料となる。

ホルモンは健康維持するばかりではなく、男女の性などにも関係する重要なものです。

第三に胆汁酸の材料となります。

食事を摂取したときに脂肪は腸の中で分解・吸収されるが、このとき胆汁酸は消化・吸収を助ける重要な役割を果たしています。

このように人体にとってコレステロールはなくてはならない脂肪であるということが言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  2. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  3. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  4. 2017-3-10

    フィードバックとフィードフォワード

    スポーツにはケガはつきものです。なぜケガをしてしまったのか原因を考え改善していく必要がありま…
  5. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
ページ上部へ戻る