コレステロール

世間ではコレステロールは摂取しないほうが良いといわれていますが、なにもコレステロールのすべてが悪いわけではありません。

むしろコレステロールは体にとってなくてはならないものです。

コレステロールは脂肪の一種で、白いやわらかい結晶として存在しています。

コレステロールは酢酸を材料とし、複数の過程を経て合成されます。

材料の酢酸は、糖や脂肪酸の分解で生まれます。

ヒトの体内にはほぼ100~120グラムのコレステロールがあり、脳や肝臓、脂肪組織、副腎などに多く存在しています。

コレステロールの役割は大きく分けて3つに集約されます。

第一に私たちの基本単位である細胞の膜をつくる働きがあります。

細胞膜はコレステロールとリン脂質や一部のタンパク質から成るので細胞膜の強度を保つならコレステロールは必要不可欠です。

第二にコレステロールはステロイドホルモンの材料となる。

ホルモンは健康維持するばかりではなく、男女の性などにも関係する重要なものです。

第三に胆汁酸の材料となります。

食事を摂取したときに脂肪は腸の中で分解・吸収されるが、このとき胆汁酸は消化・吸収を助ける重要な役割を果たしています。

このように人体にとってコレステロールはなくてはならない脂肪であるということが言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  2. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  3. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  4. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  5. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
ページ上部へ戻る