高齢化社会をむかえようとしている日本にとって、老化問題は大きな問題になってます。

その中でも、老人性認知、つまり「認知症」の問題です。

では、なぜ認知症は起きるのでしょう。

認知症にはアルツハイマー型と血管性のものがあります。

基本的には脳細胞が老化し、樹状突起がしぼんでシナプスが減ってくることと、これが変形することによります。

このため細胞間の情報伝達に障害が起こり、脳の萎縮が生じ、脳の溝が広がります。

DNA(デオキシリボ核酸)のいたんできた部分をたえず、修復できればいつまでも若くいられます。

しかしその能力には個人差があり、老化しやすいか老化しにくいかは、その人の遺伝的体質によって決定づけられているといってもいいです。

脳細胞の変化は脳の機能変化をもたらし、さまざまな精神構造の変化がそこからおきます。

認知症がはじまると物忘れがひどくなり、猜疑心や嫉妬心、短気などの症状がおきます。

さらに進行すると、夜中に起きて、むやみに歩き周り、暴力的になるといった症状が起こります。

認知症の特効薬というのはまだ発見されてないのですが、脳の血液循環や代謝を改善する薬を服用すると症状がよくなることもあります。

認知症の症状が出ても社会とのつながりをもち、いつもフレッシュな気分でいることが認知症予防のおおきな鍵であると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  3. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  4. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  5. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
ページ上部へ戻る