咀嚼運動と脳機能

咀嚼運動は、神経網を介して脳に膨大な情報をもたらすことで、脳を刺激し活性化していきます。

脳と認知症(痴呆症)の関連を示す研究報告があります。

岐阜大学の研究によると、高齢者の海馬の活動レベルが咀嚼刺激によって上昇することを、MRIを用いて解析しました。

その結果、咀嚼刺激による脳活動の変化を測定したところ、運動野、体性感覚野、視床、小脳の神経活動に増幅が認められました。

そして、咀嚼刺激によって高齢者に記憶の向上が見られ、咀嚼が大脳皮質のネットワークに適度な刺激を与え、海馬への情報入力を促進していることを明らかにしました。

東京都老人総合研究所が65~84歳までの人を対象に、咀嚼と全身機能の関係を調査分析した研究によると、咀嚼能力の高い人は骨のカルシウム量が多く、天然歯(噛むことが出来る歯)が多く、開眼片足立ちの時間が長かったとのことです。

咀嚼が全身機能に影響していることが明らかにされたわけです。

これらの研究から、咀嚼は単に摂食だけでなく、脳をはじめとする全身の機能を活性化し、老化を防ぐ役割をもっているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  2. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
  3. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
  4. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  5. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
ページ上部へ戻る