かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運動トレーニングの一つと位置づけられ、運動時の水分補給が禁じられていました。

経験のある方もいるかと...

しかし過去20年の間に、運動時に水分を補給しないと、体温が上昇して運動の継続が困難になること、脱水状態では運動能力が低下すること、また水分代謝にはイオンの補給が深く関わっていることなどの生理学的な知見が蓄積されてきています。

まず水分補給の発汗量の増加に関しては、すでに脱水状態にある場合は水分補給時に発汗量が増加しますが、充分水分を補給されている場合には発汗量は増加しません。

また脱水条件下で水分を補給した時にみられる発汗量の増加では、充分に水分を補給されていた時の体温まで低下することはできないのです。

水分は普通飲水によって補給しますが、発汗による脱水時に自由に飲水をしても直ちに脱水量に相当する水分を摂取することができず、食事などと共に脱水を回復するといわれています。

この脱水回復の遅れを「自発的脱水」と呼びます。

自発的脱水のしくみとしては、発汗時に水のみを摂取すると血液が薄くなってしまいます。

すると身体は体液が薄くなることを防ごうとして、のどの渇きが無くなり、また過剰な水を尿として排泄します。

その結果、体液の量は十分に回復できなくなってしまうのです。

大量発汗時に水分のみを摂取すると、体液塩分濃度の低下による「熱痙攣」が起こります。

体液の保持には食塩の補給が必要となるので、水分を摂取する際はスポーツドリンクや食塩(0.1~0.2%)を溶かした水などを摂取しましょう。

正しい水分補給にプラスしっかりと栄養を摂ることを心がけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  2. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  3. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
ページ上部へ戻る