かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運動トレーニングの一つと位置づけられ、運動時の水分補給が禁じられていました。

経験のある方もいるかと...

しかし過去20年の間に、運動時に水分を補給しないと、体温が上昇して運動の継続が困難になること、脱水状態では運動能力が低下すること、また水分代謝にはイオンの補給が深く関わっていることなどの生理学的な知見が蓄積されてきています。

まず水分補給の発汗量の増加に関しては、すでに脱水状態にある場合は水分補給時に発汗量が増加しますが、充分水分を補給されている場合には発汗量は増加しません。

また脱水条件下で水分を補給した時にみられる発汗量の増加では、充分に水分を補給されていた時の体温まで低下することはできないのです。

水分は普通飲水によって補給しますが、発汗による脱水時に自由に飲水をしても直ちに脱水量に相当する水分を摂取することができず、食事などと共に脱水を回復するといわれています。

この脱水回復の遅れを「自発的脱水」と呼びます。

自発的脱水のしくみとしては、発汗時に水のみを摂取すると血液が薄くなってしまいます。

すると身体は体液が薄くなることを防ごうとして、のどの渇きが無くなり、また過剰な水を尿として排泄します。

その結果、体液の量は十分に回復できなくなってしまうのです。

大量発汗時に水分のみを摂取すると、体液塩分濃度の低下による「熱痙攣」が起こります。

体液の保持には食塩の補給が必要となるので、水分を摂取する際はスポーツドリンクや食塩(0.1~0.2%)を溶かした水などを摂取しましょう。

正しい水分補給にプラスしっかりと栄養を摂ることを心がけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  2. 2017-4-21

    クールダウンで体全体の負担を減らす

    筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切…
  3. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  4. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  5. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
ページ上部へ戻る