摂食行動の神経回路

摂食行動は視床下部を中心に、大脳皮質から脊髄までの神経ネットワークにより制御されています。

その中核にはニューロペプチドY産生細胞に代表される摂食行動を促進する神経細胞とPOMC産生細胞に代表される摂食行動を抑制する神経細胞が存在します。

グルコース、コレシストキニン、レプチンなどがこの神経ネットワークを介して、摂食行動の開始と終止、一日の摂食量、短期的・長期的な体重の変動を制御しています。

摂食行動に関わる神経核の中で視床下部の弓状核が特に摂食行動制御も中心と考えられています。

弓状核への主な入力は室傍核、内側視索前野、背内側核などがあり、出力も室傍核、内側視索前野、背内側核に多くあります。

弓状核には摂食行動を促進をするニューロペプチドYを産生する神経細胞と、摂食行動を抑制するα-メラノサイト刺激ホルモンを産生する細胞が存在します。

これらに加えて摂食行動抑制作用をしめすガラニン様ペプチドは視床下部では弓状核のみにしか発現しません。

また、弓状核はレプチン受容体が最も強く発現している部位になります。

この他、大脳の島皮質、眼窩前頭皮質、側坐核で摂食行動の促進、特に報酬的側面に基づいた摂食行動の促進に考えられます。

摂食行動の関連は脳の全域にわたっていますが、その中枢は視床下部の弓状核、室傍核と考えて良さそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-24

    肩関節周囲炎とそのアプローチによる機能予後

    肩関節周囲炎は、中年以降に起こる肩関節の拘縮と痛みを症状とする機能障害の総祢です。発症のきっかけ…
  2. 2017-4-21

    クールダウンで体全体の負担を減らす

    筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切…
  3. 2015-3-27

    疲労の回復を促進するには?

    前回は疲労の原因について書きましたが、今回は疲労の回復についてです。疲労の原因は活性酸素が細…
  4. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  5. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
ページ上部へ戻る