摂食行動の神経回路

摂食行動は視床下部を中心に、大脳皮質から脊髄までの神経ネットワークにより制御されています。

その中核にはニューロペプチドY産生細胞に代表される摂食行動を促進する神経細胞とPOMC産生細胞に代表される摂食行動を抑制する神経細胞が存在します。

グルコース、コレシストキニン、レプチンなどがこの神経ネットワークを介して、摂食行動の開始と終止、一日の摂食量、短期的・長期的な体重の変動を制御しています。

摂食行動に関わる神経核の中で視床下部の弓状核が特に摂食行動制御も中心と考えられています。

弓状核への主な入力は室傍核、内側視索前野、背内側核などがあり、出力も室傍核、内側視索前野、背内側核に多くあります。

弓状核には摂食行動を促進をするニューロペプチドYを産生する神経細胞と、摂食行動を抑制するα-メラノサイト刺激ホルモンを産生する細胞が存在します。

これらに加えて摂食行動抑制作用をしめすガラニン様ペプチドは視床下部では弓状核のみにしか発現しません。

また、弓状核はレプチン受容体が最も強く発現している部位になります。

この他、大脳の島皮質、眼窩前頭皮質、側坐核で摂食行動の促進、特に報酬的側面に基づいた摂食行動の促進に考えられます。

摂食行動の関連は脳の全域にわたっていますが、その中枢は視床下部の弓状核、室傍核と考えて良さそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  2. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  3. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
  4. 2016-9-4

    胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸…
  5. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
ページ上部へ戻る