人体を形成している細胞は、ブドウ糖を燃焼(酸化)させて中に含まれているエネルギーを取り出し、それを使って生命の維持や活動を行っています。

酸化によって細胞がブドウ糖などの分子を分解して、必要なエネルギーを取り出すしくみが呼吸です。

その際に酸素が消費され、二酸化炭素が生じます。

この二酸化炭素は血漿にとけて運ばれ、肺胞中へ移行します。

血液中に酸素を取り入れて全身の細胞にいきわたらせ、生じた二酸化炭素を空気中に放出するのが呼吸器です。

横隔膜や肋間筋のはたらきで呼吸をしやくすくし、気管支を通して肺の中の肺胞に空気を出入りさせます。

酸素と二酸化炭素を交換するために、肺胞中の空気と毛細血管中の血液を隔てる血管壁は非常に薄くできています。

人間は1日に約600リットルの酸素を使い、約480リットルの二酸化炭素を放出します。

血液中に拡散した酸素は、赤血球中のヘモグロビンというタンパク質に結合され、肺で取り入れられてから30秒以内に全身に供給されます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  2. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  3. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  4. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  5. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る