筋肉の線維を考える!

筋線維は大きく、速筋線維(FT線維)と遅筋線維(ST線維)に分類されます。

FT線維は単収縮が速く、張力も大きいもの、ST線維は単収縮が遅く、張力も小さいものです。

最大強縮における筋断面積もFT線維のほうが大きくなります。

一方、ST線維は有酸素性代謝能力が高く、持久力に優れているという特徴を持ちます。

細胞内の酸素運搬にかかわるミオグロビンや、ミトコンドリアでのエネルギー産生にかかわるチトクロームなど、赤色の色素たんぱく質をたくさん持つため、赤く見えることから赤筋線維とも呼ばれます。

FT線維はこれらのたんぱく質か少なく、白筋線維とも呼ばれます。

FT線維とFT線維は特殊な染色法や、ミオシン分子種の違いによる識別法に基づき、さらに細かくタイプ分けされています。

染色法などに基づく一般的な標記法では、遅筋線維をTypeⅠ線維、速筋線維をTypeⅡ線維と呼びます。

TypeⅡ線維はさらに、最も収縮速度が速く、持久力に乏しいTypeⅡb線維と、TypeⅠ線維とTypeⅡ線維の中間的な特徴を持つTypeⅡa線維に分けられます。

またさらにその中間の特性を持つTypeⅡab、Ⅱac、Ⅱc、Ⅰcもわずかではありますが存在します。

一方、ミオシン分子種に基づく分類では、収縮速度の遅い順から、MHCⅠ、MHCⅡa、MHCⅡx、MHCⅡbというように分類します。

ヒトの骨格筋では、MHCⅡbはきわめて少なく、従来染色法などでTypeⅡbとされてきたものはこの分類法ではMHCⅡxとされています。

このように筋線維だけでも様々な違いがあります。

ちなみに、長距離を泳ぐ回遊魚である赤身魚と近海ですばやい動きを求められる白身魚は、それぞれ持久力のある赤筋と瞬発力のある白筋をもつだといわれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-14

    プリン体とは何か?

    アデニンやグアニンはその構造にプリン環と呼ばれる化学構造を持っています。このようなプリン環を持っ…
  2. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  3. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  4. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  5. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
ページ上部へ戻る