筋肉の線維を考える!

筋線維は大きく、速筋線維(FT線維)と遅筋線維(ST線維)に分類されます。

FT線維は単収縮が速く、張力も大きいもの、ST線維は単収縮が遅く、張力も小さいものです。

最大強縮における筋断面積もFT線維のほうが大きくなります。

一方、ST線維は有酸素性代謝能力が高く、持久力に優れているという特徴を持ちます。

細胞内の酸素運搬にかかわるミオグロビンや、ミトコンドリアでのエネルギー産生にかかわるチトクロームなど、赤色の色素たんぱく質をたくさん持つため、赤く見えることから赤筋線維とも呼ばれます。

FT線維はこれらのたんぱく質か少なく、白筋線維とも呼ばれます。

FT線維とFT線維は特殊な染色法や、ミオシン分子種の違いによる識別法に基づき、さらに細かくタイプ分けされています。

染色法などに基づく一般的な標記法では、遅筋線維をTypeⅠ線維、速筋線維をTypeⅡ線維と呼びます。

TypeⅡ線維はさらに、最も収縮速度が速く、持久力に乏しいTypeⅡb線維と、TypeⅠ線維とTypeⅡ線維の中間的な特徴を持つTypeⅡa線維に分けられます。

またさらにその中間の特性を持つTypeⅡab、Ⅱac、Ⅱc、Ⅰcもわずかではありますが存在します。

一方、ミオシン分子種に基づく分類では、収縮速度の遅い順から、MHCⅠ、MHCⅡa、MHCⅡx、MHCⅡbというように分類します。

ヒトの骨格筋では、MHCⅡbはきわめて少なく、従来染色法などでTypeⅡbとされてきたものはこの分類法ではMHCⅡxとされています。

このように筋線維だけでも様々な違いがあります。

ちなみに、長距離を泳ぐ回遊魚である赤身魚と近海ですばやい動きを求められる白身魚は、それぞれ持久力のある赤筋と瞬発力のある白筋をもつだといわれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  2. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  3. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  4. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  5. 2015-12-2

    脂質摂取と代謝

    食物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小…
ページ上部へ戻る