脳を守る脳脊髄液とは

脳脊髄液とは、脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体です。

弱アルカリ性であり、細胞成分はほとんど含まれまず、略して髄液とも呼ばれます。

脳室系の脈絡叢から産生される廃液であり、脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ役に立っています。

一般には脳漿(のうしょう)として知られます。

先述の通り、主な役割は脳を浮かべることにより外部からの衝撃や内部の拍動をやわらげることにあります。

また、脳を浮かべることにより自重による脳底部の神経根や血管の圧迫を防ぐ役割もあります。

その浮力による働きは強力で、脳重量は1500gですが、浮力のため実効重量50gになると言われています。

脳脊髄液の流出障害や、脳内の占拠性病変(脳腫瘍や脳内血腫など)によって脳脊髄液圧が上昇した状態を脳圧亢進(頭蓋内圧亢進)といい、頭痛・嘔吐などの症状が出現します。

過度の脳圧亢進は脳を圧迫し、隔壁を越えてはみ出させてしまう脳ヘルニアを生じ、致死的となります。

また、鼻水が止まらないといった症状の中には極稀に脳脊髄液が鼻から漏れだしている、ということもあります。

他にも髄液耳漏といい、耳から漏れだすこともあります。

頭蓋骨骨折にみられる症状ですが、髄膜炎に繋がる恐れがあるために注意が必要です。

普段は脳をぼんやりとしか認識してませんが、硬い硬い頭蓋骨の中で液体に浮かんでいると思うと、ちょっと神秘的なものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  2. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
  3. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  4. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  5. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
ページ上部へ戻る