脳を守る脳脊髄液とは

脳脊髄液とは、脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体です。

弱アルカリ性であり、細胞成分はほとんど含まれまず、略して髄液とも呼ばれます。

脳室系の脈絡叢から産生される廃液であり、脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ役に立っています。

一般には脳漿(のうしょう)として知られます。

先述の通り、主な役割は脳を浮かべることにより外部からの衝撃や内部の拍動をやわらげることにあります。

また、脳を浮かべることにより自重による脳底部の神経根や血管の圧迫を防ぐ役割もあります。

その浮力による働きは強力で、脳重量は1500gですが、浮力のため実効重量50gになると言われています。

脳脊髄液の流出障害や、脳内の占拠性病変(脳腫瘍や脳内血腫など)によって脳脊髄液圧が上昇した状態を脳圧亢進(頭蓋内圧亢進)といい、頭痛・嘔吐などの症状が出現します。

過度の脳圧亢進は脳を圧迫し、隔壁を越えてはみ出させてしまう脳ヘルニアを生じ、致死的となります。

また、鼻水が止まらないといった症状の中には極稀に脳脊髄液が鼻から漏れだしている、ということもあります。

他にも髄液耳漏といい、耳から漏れだすこともあります。

頭蓋骨骨折にみられる症状ですが、髄膜炎に繋がる恐れがあるために注意が必要です。

普段は脳をぼんやりとしか認識してませんが、硬い硬い頭蓋骨の中で液体に浮かんでいると思うと、ちょっと神秘的なものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  2. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  3. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
ページ上部へ戻る