脳を守る脳脊髄液とは

脳脊髄液とは、脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体です。

弱アルカリ性であり、細胞成分はほとんど含まれまず、略して髄液とも呼ばれます。

脳室系の脈絡叢から産生される廃液であり、脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ役に立っています。

一般には脳漿(のうしょう)として知られます。

先述の通り、主な役割は脳を浮かべることにより外部からの衝撃や内部の拍動をやわらげることにあります。

また、脳を浮かべることにより自重による脳底部の神経根や血管の圧迫を防ぐ役割もあります。

その浮力による働きは強力で、脳重量は1500gですが、浮力のため実効重量50gになると言われています。

脳脊髄液の流出障害や、脳内の占拠性病変(脳腫瘍や脳内血腫など)によって脳脊髄液圧が上昇した状態を脳圧亢進(頭蓋内圧亢進)といい、頭痛・嘔吐などの症状が出現します。

過度の脳圧亢進は脳を圧迫し、隔壁を越えてはみ出させてしまう脳ヘルニアを生じ、致死的となります。

また、鼻水が止まらないといった症状の中には極稀に脳脊髄液が鼻から漏れだしている、ということもあります。

他にも髄液耳漏といい、耳から漏れだすこともあります。

頭蓋骨骨折にみられる症状ですが、髄膜炎に繋がる恐れがあるために注意が必要です。

普段は脳をぼんやりとしか認識してませんが、硬い硬い頭蓋骨の中で液体に浮かんでいると思うと、ちょっと神秘的なものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  3. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  4. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  5. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
ページ上部へ戻る