ヒトの特殊なのどの構造

ヒトが言葉を操れる第一の理由は、高い知性を実現する脳があるからです。

ヒトの大脳皮質には、「運動性言語中枢(ブローカー中枢)」と「感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)」とがあります。

このブローカー中枢を損傷すると、言葉が頭に浮かんでもそれを声に出すことができなくなります。

また、ウェルニッケ中枢を損傷すると、聞いた言葉が理解できなくなります。

そして、ヒトは発声に関係する身体的な構造の面でも、特徴をもっていまいす。

気管の上につながる空気の通り道の筒を「喉頭」とよび、その先端は、「咽頭(上は鼻腔、下は食堂にはさまれた筒)」につながっています。

喉頭の中央付近には「声帯」というひだがあり、声帯の振動が音をつくり出しています。

ヒトの場合この音が口腔を通過する際に、舌や唇、歯などにとってさらに振動に変化があたえられ、多彩な音声をつくりだしているのです。

ヒト以外の哺乳類の場合、喉頭の先端はヒトと比べて高い位置にあり、鼻腔のすぐ後ろまできているため、声帯でつくりだした空気の振動が鼻へ無駄に抜けてしまいます。

鳴いたり、ほえたりはできるけど、ヒトのように多彩な調音はできないのはそのためだといわれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  2. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  3. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  4. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  5. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
ページ上部へ戻る