ヒトの特殊なのどの構造

ヒトが言葉を操れる第一の理由は、高い知性を実現する脳があるからです。

ヒトの大脳皮質には、「運動性言語中枢(ブローカー中枢)」と「感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)」とがあります。

このブローカー中枢を損傷すると、言葉が頭に浮かんでもそれを声に出すことができなくなります。

また、ウェルニッケ中枢を損傷すると、聞いた言葉が理解できなくなります。

そして、ヒトは発声に関係する身体的な構造の面でも、特徴をもっていまいす。

気管の上につながる空気の通り道の筒を「喉頭」とよび、その先端は、「咽頭(上は鼻腔、下は食堂にはさまれた筒)」につながっています。

喉頭の中央付近には「声帯」というひだがあり、声帯の振動が音をつくり出しています。

ヒトの場合この音が口腔を通過する際に、舌や唇、歯などにとってさらに振動に変化があたえられ、多彩な音声をつくりだしているのです。

ヒト以外の哺乳類の場合、喉頭の先端はヒトと比べて高い位置にあり、鼻腔のすぐ後ろまできているため、声帯でつくりだした空気の振動が鼻へ無駄に抜けてしまいます。

鳴いたり、ほえたりはできるけど、ヒトのように多彩な調音はできないのはそのためだといわれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
  2. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  3. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
  4. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  5. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
ページ上部へ戻る