ヒトの特殊なのどの構造

ヒトが言葉を操れる第一の理由は、高い知性を実現する脳があるからです。

ヒトの大脳皮質には、「運動性言語中枢(ブローカー中枢)」と「感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)」とがあります。

このブローカー中枢を損傷すると、言葉が頭に浮かんでもそれを声に出すことができなくなります。

また、ウェルニッケ中枢を損傷すると、聞いた言葉が理解できなくなります。

そして、ヒトは発声に関係する身体的な構造の面でも、特徴をもっていまいす。

気管の上につながる空気の通り道の筒を「喉頭」とよび、その先端は、「咽頭(上は鼻腔、下は食堂にはさまれた筒)」につながっています。

喉頭の中央付近には「声帯」というひだがあり、声帯の振動が音をつくり出しています。

ヒトの場合この音が口腔を通過する際に、舌や唇、歯などにとってさらに振動に変化があたえられ、多彩な音声をつくりだしているのです。

ヒト以外の哺乳類の場合、喉頭の先端はヒトと比べて高い位置にあり、鼻腔のすぐ後ろまできているため、声帯でつくりだした空気の振動が鼻へ無駄に抜けてしまいます。

鳴いたり、ほえたりはできるけど、ヒトのように多彩な調音はできないのはそのためだといわれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-3

    高齢者の歩行と注意

    2つ以上の課題に対して注意を分割する能力は、多くの日常的活動を行っている最中に移動運動を行う場合に重…
  2. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  3. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  4. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
  5. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
ページ上部へ戻る