だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。

私たちは、そんな環境の変化にどのように対応しているのでしょうか...

人は温度、湿度、光、騒音などの物理的な環境変化に対して、身体の内部環境をある範囲内に維持しています。

身体の調節機構の一つである体温調節機構は、人の内部環境を維持するには欠くことのできないものです。

私たちは、日常的には一日に10℃以上の気温の変化を、季節的には30~40℃もの変化を体験しています。

それにもかかわらず、人の深部体温が(体表面の温度を皮膚温というのに対して、直腸温や食道温のようにからだの内部の温度を深部体温という)常に37℃付近で安定しているといわれています。

これは37℃という深部体温がからだの正常な機能に最も適していることを示しています。

しかし、深部体温以外の体温は気温に大きく影響され、運動を行った時などは安静にしているときより10倍以上の熱を体内で発生します。

このように、気温や発熱量が広範囲に変化しても深部体温がほぼ一定に保たれているのは、体内に優れた体温調節機構が備わっているからなのです。

小さい動物ほど、体温を一定に保つために体重あたりのエネルギー消費量が多くなり、その結果 活性酸素が増えて(活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)してしまう)遺伝子の損傷が多くなる=寿命が短くなってしまうといわれています。

特にヒトは体温調節機構として発汗という強力な熱放散機能を備えていることが、他の多くの動物と異なります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  2. 2014-9-27

    頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  3. 2016-3-5

    脂質やコレステロールは必ずしも悪者か?

    多くの方が脂肪について良くないイメージをもっていて、話をしていると「脂肪をできるだけ制限し、あまり食…
  4. 2017-5-15

    暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗す…
  5. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
ページ上部へ戻る