食事の摂取に関するポイント

カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣としてはとても大切なのですが、バランスを考えたり、計算したりするのは意外と難しいものですよね?

食べ方に気を付けることができれば、それだけでも生活習慣病やメタボの予防に繋がります。

身体によくない食べ方について、7つの項目に分けてみました。

1. 食事を抜く
空腹時間が長いと食べた時に必要以上に栄養を吸収しやすくなり、さらにドカ食いの原因にもなるので気をつけましょう。

2.外食が多い
外食は脂質や炭水化物、塩分が多くカロリー過多や、栄養バランスの乱れを招きがちなので注意が必要です。

3. ながら食べ
テレビなどを見ながらだらだらと食べ続けると、満腹感が得にくく、いつの間にか食べ過ぎになることがあるようです。

4. 甘いものが習慣になっている
糖分は血糖値を急激に上昇させ、身体を太りやすい状態に。甘いものが好きな人は、食べる量や回数を控えめにしましょう。

5. 脂っぽい料理を控える
揚げ物や、脂質の多い料理は少量でも高カロリーになります。メタボ予防には意識して控えると良いでしょう

6. 早食い
脳が満腹感を得るまでには約20分かかります。食事時間が短いと満腹感を得る前に食べ過ぎてしまう可能性があります。

7. お酒をよく飲む
お酒そのもののカロリーはもちろん、一緒に食べるおつまみが全体のカロリーを引き上げる恐れがあります。

以上のことに普段から気を付けることだけでも、良い食習慣が身に付き、生活習慣病を予防できれば、お友達との食事も、より楽しくなるのではないでしょうか。

ぜひ、意識してみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  2. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  3. 2016-12-23

    激しい運動に耐えるスポーツ心臓

    私たちの身体は与えられた刺激に応じて、それに適応する能力をもっています。心臓も同様に長時間高度な…
  4. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  5. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
ページ上部へ戻る