人は立位姿勢において加わる身体長軸方向の負荷に対して、骨格を柱のように配置することで身体の形状を保護しています。

この際、骨格にはその軸方向の圧縮負荷が加わります。

腰部の骨格である腰椎構造体は、立位姿勢の際に加わる軸圧負荷に対して腰部の形状を維持する強度をもっていないのが特徴です。

そのため、人が姿勢維持を行うには、他の組織によって腰部の形状が保護される必要性があります。

その保護がどう行われているのか?

これまでは、体幹筋群の活動が腰椎構造体を両側より牽引することで、腰部の保護が行われると考えられてきました。

しかしながら、多くの身体活動で身体に長軸負荷が加わる人にとって、これらの張力は腰椎構造体への軸圧負荷を増大させることで椎間板へ慢性的で大きな力学的ストレスを加え、腰痛の発生リスクを増大させることがわかってきました。

そこで近年では、腹腔内圧(IAP)の腰部を保護する機能が注目されています。

IAP は身体に大きな外力が加わった際に大きく上昇するため、腰部保護に貢献しているものと考えられています。

IAP は身体加わる長軸負荷に対して、圧の柱として胸郭―骨盤間を支えることで、腰椎構造体への軸圧負荷を減少させ、腰痛発生のリスクを軽減しているといわれます。

IAPを高くするために、どうコアをトレーニングしていくのかというのは非常に大事なポイントになります!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 1月 18日
  2. 2017年 5月 31日

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  2. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  3. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  4. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  5. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
ページ上部へ戻る