近年薄げに悩む方が増えています。

加齢とともに仕方ないことと思いつつも、やはりあるものがなくなる、薄くなるのは心が痛みます。

20代、30代から髪が薄くなる「男性型脱毛症」や40代以降から薄くなる「壮年性脱毛症」はなぜおきるのでしょうか。

名前に脱毛とついていますが、脱毛がおきるわけではありません。

髪の毛が細く短い軟毛になり、見た目が薄くなる状態です。

髪がないと思っていた部分も、よくみると軟毛がはえています。

なので実際、髪を失うわけではありません。

毛は、のびては抜ける「毛周期(ヘアサイクル)」をくりかえします。

成長期には、毛根にある「毛母細胞」が増殖して毛をつくり、数年間のび続けます。

その後、毛母細胞が消失しはじめて、毛根が徐々に浅くなっていく「退行期」にうつり、毛は皮膚にとどまるだけで成長しない「休止期」をへて抜け落ちます。

このころ、新しい毛根がつくられ、次の毛がのびはじめます。

薄毛は、毛根が大きく育たなくなり(ミニチュア化)、短く細い毛しか生えなくねってしまうことが大きな要因としてあげられます。

このミニチュア化現象は、男性ホルモンの作用によって起きていることがわかっています。

毛根には毛母細胞の増殖を調節をする「毛乳頭細胞」があります。

男性ホルモンは毛乳頭細胞に作用して、「TGF-β1」という物質を放出させます。

「TGF-β1」は毛母細胞の増殖を抑える働きをもっていて、太い毛が育たなくなります。

また「TGF-β1」は通常の毛が寿命で抜け落ちるときにも放出されます。

そのため、本来の寿命より早く抜け落ちて、短い毛しか生えない状況になってしまいます。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-17

    バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力…
  2. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
  3. 2016-5-31

    膝の関節周辺防御機構

    膝の関節周辺防御機構とは、主に3つの靭帯組織系によって構成されます。内側側副靭帯(MCL)、…
  4. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  5. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
ページ上部へ戻る