摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在し、それは個々人の食生活による。

多くの人は脂質は邪魔なものと考えていますが、脂質は三大栄養素のうちのひとつであり、決して邪魔なものではありません。

しかし、なかには摂取しなければならないもの、人、摂取を控えるべきもの、必要がある人がいるのも事実です。

脂質の構成成分の脂肪酸にはいくつか種類があります。

主に飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、トランス脂肪酸です。

厚生労働省によると飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の望ましい摂取割合はおおむね3:4:3とされています。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸においては1:4になります。

この脂肪酸の中で控えるよう推奨されているのが、トランス脂肪酸です。

日本では日本人の食生活の面から規制はされていませんが、規制をかけている国もあります。

また、アメリカでは飽和脂肪酸もなるべく一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸に変えるよう推奨されています。

このように摂取を控えるべき脂質があるのは事実ですが、その根底として脂質が必要不可欠なものだということを忘れてはなりません。

摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在しますが、それは個々人の食生活による。ということは間違いなく言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  2. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
  3. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  4. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  5. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
ページ上部へ戻る