摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在し、それは個々人の食生活による。

多くの人は脂質は邪魔なものと考えていますが、脂質は三大栄養素のうちのひとつであり、決して邪魔なものではありません。

しかし、なかには摂取しなければならないもの、人、摂取を控えるべきもの、必要がある人がいるのも事実です。

脂質の構成成分の脂肪酸にはいくつか種類があります。

主に飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、トランス脂肪酸です。

厚生労働省によると飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の望ましい摂取割合はおおむね3:4:3とされています。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸においては1:4になります。

この脂肪酸の中で控えるよう推奨されているのが、トランス脂肪酸です。

日本では日本人の食生活の面から規制はされていませんが、規制をかけている国もあります。

また、アメリカでは飽和脂肪酸もなるべく一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸に変えるよう推奨されています。

このように摂取を控えるべき脂質があるのは事実ですが、その根底として脂質が必要不可欠なものだということを忘れてはなりません。

摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在しますが、それは個々人の食生活による。ということは間違いなく言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-10

    フィードバックとフィードフォワード

    スポーツにはケガはつきものです。なぜケガをしてしまったのか原因を考え改善していく必要がありま…
  2. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  3. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  4. 2014-9-28

    適度な運動はストレスに強い脳を作る!

    適度な運動は、健康な身体づくりに欠かせませんが、最近の研究では、運動が人にもたらすメリットはそれだけ…
  5. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
ページ上部へ戻る