摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在し、それは個々人の食生活による。

多くの人は脂質は邪魔なものと考えていますが、脂質は三大栄養素のうちのひとつであり、決して邪魔なものではありません。

しかし、なかには摂取しなければならないもの、人、摂取を控えるべきもの、必要がある人がいるのも事実です。

脂質の構成成分の脂肪酸にはいくつか種類があります。

主に飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、トランス脂肪酸です。

厚生労働省によると飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の望ましい摂取割合はおおむね3:4:3とされています。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸においては1:4になります。

この脂肪酸の中で控えるよう推奨されているのが、トランス脂肪酸です。

日本では日本人の食生活の面から規制はされていませんが、規制をかけている国もあります。

また、アメリカでは飽和脂肪酸もなるべく一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸に変えるよう推奨されています。

このように摂取を控えるべき脂質があるのは事実ですが、その根底として脂質が必要不可欠なものだということを忘れてはなりません。

摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在しますが、それは個々人の食生活による。ということは間違いなく言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  2. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  3. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  4. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  5. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
ページ上部へ戻る