摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在し、それは個々人の食生活による。

多くの人は脂質は邪魔なものと考えていますが、脂質は三大栄養素のうちのひとつであり、決して邪魔なものではありません。

しかし、なかには摂取しなければならないもの、人、摂取を控えるべきもの、必要がある人がいるのも事実です。

脂質の構成成分の脂肪酸にはいくつか種類があります。

主に飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、トランス脂肪酸です。

厚生労働省によると飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の望ましい摂取割合はおおむね3:4:3とされています。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸においては1:4になります。

この脂肪酸の中で控えるよう推奨されているのが、トランス脂肪酸です。

日本では日本人の食生活の面から規制はされていませんが、規制をかけている国もあります。

また、アメリカでは飽和脂肪酸もなるべく一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸に変えるよう推奨されています。

このように摂取を控えるべき脂質があるのは事実ですが、その根底として脂質が必要不可欠なものだということを忘れてはなりません。

摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在しますが、それは個々人の食生活による。ということは間違いなく言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  2. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  3. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  4. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  5. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
ページ上部へ戻る