認知機能「学習と記憶」

認知機能とは、五感(視る、聴く、触る、嗅ぐ、味わう)を通じて外部から入ってきた情報から物事や自分の置かれている状況を認識したり、言葉を自由に操ったり、計算したり、何かを記憶したり学習したり、問題解決のために深く考えたりといった、いわば人の知的機能を総称した概念です。

学習や記憶は普段我々は無意識に行っているもので、学習と記憶とはなにか、と聞かれるととても曖昧なものです。

学習とは経験にもとづいて行動を変化させる、あるいは心の内的状態を変化させることになります。

学習には余剰学習、連合学習、結果学習の3つに分けられます。

余剰学習は無意味なことに反応しなくなることです。

たとえば農村に住んでいた人が初めて都会に出てくると騒音と人並みに驚きますが、じきに慣れて何も感じなくなることが余剰学習にあたります。

連合学習は、2つのものを関連させることを学習するものであり、パブロフの条件反射の実験がその代表です。

道を渡るときに左右を確認する、食事の際に箸やフォークを使うなどは、子どものころからの連合学習の結果だと言えるでしょう。

結果学習は、動物実験でいうと、ライトがついたときに素早くレバーを押すと電気ショックを回避することができる、道路の道順を覚えるとすみやかに餌を獲得できるなどの学習です。

私たちの勉強を例にしても、進級できる、試験に合格できる、昇進できるなどが報酬となり、留年する、試験に落第する、昇進を逃すなどが懲罰になっています。

 

記憶とは経験や学習した結果をある一定期間保持する機能です。

どのように記憶されるか、そのメカニズムはいまだ解明されていませんが、新しい神経回路のシナプス伝達の変化、シナプスにおけるチャネルの増加、新しいタンパク質の形成などが明らかになっており、これらが複雑に関連しあって記憶が形成されると考えられています。

記憶は大きく短期記憶と長期記憶に分けられます。

短期記憶には1秒以内に忘れてしまう感覚性記憶(たまたま目があった知らない人の顔など)と、感覚性記憶から転送されて数秒間保持される一次記憶(初めて聞いた電話番号に電話をかけるなど)とがあります。

一次記憶は反復・練習・長時間曝露(しばらくの間話しをした人の顔など)によって長期記憶である二次記憶に転送されます。

二次記憶は数分から数年間保持されますが、新しい情報などによってやがて忘却されます。

二次記憶はさらなる反復などによって一生忘却しない、三次記憶に変化します。

三次記憶とは自分の名前や日本列島のおおまかな形などです。

認知症では短期記憶や長期記憶への情報の転送が障害されるため、時、場所、自分が置かれている状況などを見当付けることができません。

一方で、三次記憶は障害されないため、昔のことはよく覚えています。

記憶と学習、まだまだ奥が深いものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  2. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  3. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  4. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  5. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
ページ上部へ戻る