受精卵が分裂をはじめてヒトを形づくるとき、受精後わずか21日目に、心臓はかすかな最初拍動をはじめます。

そして、一時も休むことなく体中に血液を送り続けます。

心臓のポンプは通常1分間に約70回、1日に10万回も拍動しています。

一生でおよそ30億回。

例えば、伸長160cm、体重50kgの人の場合、1回の拍動で70~80ml、1分間で7000~8000ℓもの血液を送り出しています。

体内の血液の量は、約4ℓ(体重の13分の1ほど)なので、単純計算で、1日に体内を2000周していることになります。

そもそも全身の血管をつなぎ合わせたらおよそ9万kmにも達します。

これは、地球2週、東京大阪間を110往復できる距離と同じくらいです。

血液の成分は、多くが血漿と赤血球で、約1%が白血球と血小板です。

血漿の90%は水分で、ほかに少量のタンパク質、ブドウ糖、脂肪、ナトリウム、カリウム、リン、ホルモンなどが含まれています。

赤血球は鉄を主成分とするヘモグロビンという赤い色素をもち、血漿が運ぶ酸素の量のおよそ65倍の酸素を運ぶことができます。

白血球はリンパ球、単球、顆粒球の3つに大別され、免疫機構を担っています。

血小板は傷ついた血管をふさぐノリのような役割を果たしています。

血液は、それぞれの臓器に酸素と栄養分を運んでは、また心臓に戻るというサイクルを繰り返しています。

こうやって、不要になった二酸化炭素や老廃物を肺や腎臓など適切な臓器に送り体外へ排出しています。

そのほかに、体の機能を調節する信号であるホルモンを流したり、体温調節などの役割も果たしています。

血液のおかげで体内は常に一定に保たれているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
  2. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  3. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  4. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  5. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
ページ上部へ戻る