アミノ酸は、私たちの体重の20%を閉めるタンパク質の材料になっている物質で、自然界には約500種類のアミノ酸が存在します。

500もあるアミノ酸のうち、人間の体のタンパク質をつくっているのは、たった20種類でけです。

皮膚や筋肉などの細胞をつくっているタンパク質も、その20種類のアミノ酸からできています。

近年、生命維持に使われる以上のアミノ酸を摂取することで、さまざまな機能を高める効果があることが明らかにされつつあります。

運動に関して言えば、筋力のアップや筋肉痛の回復に効果があります。

というのは筋肉のタンパク質の主成分は分岐鎖アミノ酸というアミノ酸だからです。

これは、分岐した構造をもつアミノ酸で、具体的には、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸をいいます。

運動後にこの分岐鎖アミノ酸を摂取すると、筋線維の材料となるため、その合成を促進してより太く強い筋線維を多くつくれるといわれています。

またアルギニンというアミノ酸にはマクロファージ(免疫細胞)を活性化させる働きがあるため、炎症を起こした筋肉の修復を早めることで、筋線維の再生を促進させると考えられています。

さらに、アルギニンは精神的な疲労を軽減する効果もあります。

なんとなく疲れた、といった精神的な疲労の原因に一つが、細胞が代謝するときに発生するアンモニアにあるといわれていて、毒性のアンモニアは、肝臓で解毒され尿素となり、最終的には尿や汗として排出されます。

しかし身体が疲労することで代謝が活発になると、よりアンモニアが発生していまい、解毒作用が追いつかなくなり、血中に流れたアンモニアが脳を刺激して脳がアンモニア分泌の制限指令を出します。

それはつまり、体や頭を使わせないようにすることです。これがなんとなく疲れたと感じる原因と言われています。

アルギニンは肝臓での解毒作用を高めることで、アンモニアの解毒を促進し、疲労を軽減することができます。

このように、アミノ酸は食事と運動という、規則正しい生活の中で摂取することで、さまざまな機能を高めたりサポートしたりする働きがあります。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  2. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  3. 2014-10-9

    ストレイン・カウンターストレインって知ってますか?

    ストレイン・カウンターストレインとは、オステオパシードクターであるローレンス・ジョーンズ医師により発…
  4. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  5. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
ページ上部へ戻る