呼吸時における肋骨の動き

肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又は間接的に軟骨を介してつながっている。
肋骨は上方、下方、浮遊肋の3つの部位に分けられ、それぞれに特徴的な動きをしている。

1つめの動きは「ポンプハンドルモーション」。これは上方部の肋骨の動きで、胸郭前後の奥行きが広がることを指す。

2つめの動きは「バケツハンドルモーション」。これは下方部の肋骨の動きで、胸郭の横幅が広がることを指す。

最後3つめの動きは「キャリパーモーション」。これは浮遊肋の動きで、キャリパーの手のように動くのでそう呼ばれる。

上方肋骨の動き「ポンプハンドルモーション」は、胸椎の横突起の一部である横突肋骨窩と、肋骨頸にある肋骨結節の二つの関節面で作られ、肋骨結節の中心を軸として回転する。
一方、下方肋骨の動き「バケツハンドルモーション」は、胸椎の横突起の一部である横突肋骨窩の関節面が平たいため、回転する代わりに上下に滑り起こる。

このように1回の呼吸運動は非常に複雑な肋骨の動きを伴うものである。
上部肋骨、下部肋骨、そし浮遊肋。
それぞれの特徴を知った上で呼吸時の動きの観察をすることが求められる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  2. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  3. 2015-7-20

    滑液の特性

    滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘…
  4. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  5. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
ページ上部へ戻る