味というと基本的に、甘・酸・苦・塩味の4種類が混合してできていると考えられています。

現在では、この4つの基本味のほかに独立した旨味も基本味として認知されつつあります。
旨味物質としては、グルタミン酸やイノシン酸が考えられています。

ある一つの味覚刺激を舌の一部に与え、同時もしくは短い時間をおいて他部位に異なる刺激を与えると、新しい味が感じられたり、味覚の強度が増したり、弱くなったりします。

例えば、食塩を味わったあとに砂糖を味わうと甘味が増したり、塩のあと酢を味わうと酸味が減少します。
味覚の受容器は味蕾と呼ばれ、舌の上ばかりではなく、口蓋、咽頭、喉頭にもあります。

ヒトでは舌の上に約500個の味蕾があるといわれています。
味覚神経は舌前半が鼓索神経支配で、舌の後半は、舌咽神経支配になっています。

塩味、甘味に対しては、舌前半の鼓索神経が興奮し、苦味は主として舌後半の舌咽神経が感じていることがわかっています。
さらに、亜鉛が不足すると味覚障害に陥ったりします。

普段何気に口にして当たり前のように味がしているのは、この味蕾のおかげですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  2. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
  3. 2015-9-12

    筋収縮とエネルギー代謝

    等尺性収縮の発揮筋力は、その持続時間に比例して低下します。最大随意収縮力は、6〜7secしか…
  4. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 2014-10-1

    プロバイオティクスによる健康法

    昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
ページ上部へ戻る