運動は目的を果たすために行われる

運動というとイメージするのは、さまざまな動作です。

ヒトや動物は多くの多様な動作を行います。

スポーツ選手の華麗な動き、音楽家の手さばき、日常ありふれた動作でさえ、その巧緻性にははかり知れないものがあります。

こういった動きは脳と神経が全身の筋肉をスピーディに動かし、調節しています。

運動には目的があり、意図したその目的を達成してこそ運動を行う意味があります。

固体を取り巻く環境は多種多様、その中で、生じる固体の欲求や要求をみたすために、環境に働きかける手段としての運動の目的が生じます。

運動を行う主体が脳で統御されている以上、目的も脳で形成されます。

では、運動の目的とはどのようなものでしょうか。

運動の目的形成は脳の認知過程(みずからが置かれている状況や局面の把握)と深い関係にあります。

そして、固体のニーズを取りまとめ、行動の枠組みを決め、その中で必要とされる行動を選択し、実現の手段として運動を選ぶことで、運動の目的が決まってくきます。

さらに、その目的の達成のためにどのように運動を企画・構成し、準備することになります。

この過程がきわめて重要なのです。

無計画に、やみくもに手足を動かしても運動としての意味を成さないので、運動の時間的・空間的パターンや運動の手順、もしくはこれから起こることが予想される事象と運動の組み合わせなどをあらかじめ決めておくことが大切です。

これらの過程をまとめて運動のプログラミングと呼びます。

プログラミングを行うことは脳の働きの要の一つです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  2. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  3. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  4. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  5. 2015-6-21

    疲れやコリを取り除くコリ回路とは

    筋中において、疲れやコリの一因になるのは、血中の乳酸濃度が高まることによるpHの低下、乳酸性アシドー…
ページ上部へ戻る