運動は目的を果たすために行われる

運動というとイメージするのは、さまざまな動作です。

ヒトや動物は多くの多様な動作を行います。

スポーツ選手の華麗な動き、音楽家の手さばき、日常ありふれた動作でさえ、その巧緻性にははかり知れないものがあります。

こういった動きは脳と神経が全身の筋肉をスピーディに動かし、調節しています。

運動には目的があり、意図したその目的を達成してこそ運動を行う意味があります。

固体を取り巻く環境は多種多様、その中で、生じる固体の欲求や要求をみたすために、環境に働きかける手段としての運動の目的が生じます。

運動を行う主体が脳で統御されている以上、目的も脳で形成されます。

では、運動の目的とはどのようなものでしょうか。

運動の目的形成は脳の認知過程(みずからが置かれている状況や局面の把握)と深い関係にあります。

そして、固体のニーズを取りまとめ、行動の枠組みを決め、その中で必要とされる行動を選択し、実現の手段として運動を選ぶことで、運動の目的が決まってくきます。

さらに、その目的の達成のためにどのように運動を企画・構成し、準備することになります。

この過程がきわめて重要なのです。

無計画に、やみくもに手足を動かしても運動としての意味を成さないので、運動の時間的・空間的パターンや運動の手順、もしくはこれから起こることが予想される事象と運動の組み合わせなどをあらかじめ決めておくことが大切です。

これらの過程をまとめて運動のプログラミングと呼びます。

プログラミングを行うことは脳の働きの要の一つです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  2. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  3. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  4. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  5. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
ページ上部へ戻る