脊髄レベルでの感覚統合ー運動

公園を通りかかったら、急にボールが飛んできました。
皆さんなら、危ないと瞬時にからだをボールからそらして避けるかもしれません。
いつも野球などに親しんでいる人なら、両手でキャッチするかもしれませんね。

この選択は脳が無意識のうちに行い、筋を素早く動かした結果起こるものです。
特に身体に危害が加わりそうなときほど、このような行動が生じます。

例えば、指に熱いものが触れる、画鋲を踏むなど。

これらは感覚情報が脳にまでいかないで、脊髄のレベルで処理され、筋に指令が行くので素早く動きが起こるのです。

その仕組みは脊髄に隠されています。

皮膚感覚の情報は脊髄の後根を通って直接脳へいくものと、脊髄の後角に終わるものとがあります。

後角の細胞は、脳に神経線維を伸ばすものと、脊髄の前のほうに神経線維を送って介在神経を介し、または直接に前角の運動神経細胞を働かせるものがあります。

後者の神経線維が脳を介さず、瞬時にからだの筋肉を収縮させる脊髄反射によるものです。いわゆる危険を避ける為のメカニズム。

反射といえば膝蓋腱反射などもあるが、膝蓋腱の反射は伸張反射によるもので介在神経は介さないのがその特徴です。

このように運動が脳だけで起こるかといえば、脊髄レベルでの感覚統合ー運動も起こっているということは押さえておかなきゃいけませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  2. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  3. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
ページ上部へ戻る