約60兆個もある細胞とは

人間は約60兆個の細胞からできています。

生体を構成する最小単位であり、種々の細胞は形態と機能によって異なりますが、典型的な細胞を考えることは出来ます。

細胞は半透明、半流動性の原形質とこれを包む細胞膜からなります。

多くの細胞には、細胞膜を境として内外に電位差があります。

これは細胞膜を挟んで細胞内外のイオン組成が違うためであり、電荷をもつイオン分布の差が電位差をもたらします。

細胞内の陽イオンにはKイオンが多く、細胞外の陽イオンにはNaイオンが多く存在しています。

半透膜である細胞膜はイオンやタンパク等をほとんど通しませんが、細胞膜には電気化学的勾配にしたがって細胞内外のイオンの流出入を可能にさせるチャネルというタンパク質が存在します。

ひとつのチャネルはすべてのイオンを通すわけではなく、KであればKイオンチャネル、NaであればNaイオンチャネルといった形で存在しています。

通常、細胞膜上のチャネルは閉じていますが、Kイオンチャネルは例外的に開いており、このため、Kイオンは濃度の高い細胞内から濃度の薄い細胞外へと拡散されます。

プラスの荷電をもつKイオンが細胞外へ出ると相対的に細胞内はマイナスに帯電します。

磁石のN極とS極が引きあうように、マイナスの電位は陽イオンであるKイオンを引きつけるため、Kの細胞外の流出はやがて止まります。

このように濃度勾配によってKイオンを細胞外に流出させる力と電位勾配によってKイオンを細胞内に引き止める力が釣り合ったところでKイオンの移動は止まります。

このときの細胞内の電位を静止電位と言い、神経細胞で−60mV、筋細胞で−90mVだと言われています。

また、Naイオンも全く透過できないわけではなく、Clイオンも自由に動けるとされています。

このように細胞には電位差があり、それはヒトも例外ではないということですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  2. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  3. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  4. 2015-1-15

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

    相撲での柔軟性というと、180度脚を広げて胸を地面につける「股割り」が真っ先に思い浮かぶ、それは、相…
  5. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
ページ上部へ戻る