食事と咀嚼

食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。

食べるときは、歯だけでは咀嚼できず、舌、唇、下顎と顎関節、多くの筋肉など、口腔とその周辺の多くの器官が関わる複雑なシステムなのです。

『哺乳類の咀嚼システムの進化』について書いていきます。

昔、上陸する前の脊椎動物は、口から吸い込んだ水に含まれている酸素をエラの血管で取り込んでいたと考えられています。

しかし、上陸後の脊椎動物は、口に吸い込んだ空気を肺に送り、そこで酸素を取り込まなければなりません。

エラ呼吸から肺呼吸に変化したことにより、口の中に仕切り(口蓋)ができて、口腔と鼻腔が分離しました。

つまり、呼吸は鼻腔と肺で行い、口腔は摂食に専念できるようになったのです。

また、エサをしっかりくわえるために、強くてよく動く顎が発達しました。

顎が発達して咀嚼運動をするようになると、脳の分化も進みました。

また、眼、鼻、耳といった感覚器官はエサを発見するために鋭さを増して、脳に情報を送ります。

口腔も、エサと異物を区分する感覚器官として、情報を脳に送るようになりました。

このように、多くの情報で刺激されることで脳は発達したのです。

呼吸は生まれてすぐに本能的に行われますが、中枢神経と咀嚼器官の連動によって行われる咀嚼運動は、学習し訓練し身につけるものなのです。

『咀嚼』というのは、生きていくうえで必要で、脳の発達にも欠かせないものなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  2. 2014-10-6

    レジスタンストレーニングと代謝

    代謝は大きく、基礎代謝、安静時代謝、活動時代謝に分けることができます。基礎代謝とは、生命の維持に…
  3. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  4. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  5. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
ページ上部へ戻る