食事と咀嚼

食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。

食べるときは、歯だけでは咀嚼できず、舌、唇、下顎と顎関節、多くの筋肉など、口腔とその周辺の多くの器官が関わる複雑なシステムなのです。

『哺乳類の咀嚼システムの進化』について書いていきます。

昔、上陸する前の脊椎動物は、口から吸い込んだ水に含まれている酸素をエラの血管で取り込んでいたと考えられています。

しかし、上陸後の脊椎動物は、口に吸い込んだ空気を肺に送り、そこで酸素を取り込まなければなりません。

エラ呼吸から肺呼吸に変化したことにより、口の中に仕切り(口蓋)ができて、口腔と鼻腔が分離しました。

つまり、呼吸は鼻腔と肺で行い、口腔は摂食に専念できるようになったのです。

また、エサをしっかりくわえるために、強くてよく動く顎が発達しました。

顎が発達して咀嚼運動をするようになると、脳の分化も進みました。

また、眼、鼻、耳といった感覚器官はエサを発見するために鋭さを増して、脳に情報を送ります。

口腔も、エサと異物を区分する感覚器官として、情報を脳に送るようになりました。

このように、多くの情報で刺激されることで脳は発達したのです。

呼吸は生まれてすぐに本能的に行われますが、中枢神経と咀嚼器官の連動によって行われる咀嚼運動は、学習し訓練し身につけるものなのです。

『咀嚼』というのは、生きていくうえで必要で、脳の発達にも欠かせないものなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  2. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  3. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  4. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
  5. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
ページ上部へ戻る