運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ水でいいでしょう。

しかし、激しい運動や汗が大量にでる運動では塩分が失われ、水だけでは補えなくなってしまいます。

ですので、大量の汗をかく運動をおこなう場合には、ミネラルなどの栄養分を含むスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

では、どのスポーツドリンクがいいか、これは飲むタイミングによって変わってきます。

「アイソトニック飲料」と「ハイポトニック飲料」

なんとなく聞いたことや、目にしたことがあるのではないでしょうか?

アイソトニックとは日本語で「等張性」という意味を持ちます。

この表記があるスポーツドリンクは、安静時の体液とほぼ等しい浸透圧をもつということになります。

運動前に飲むと、運動に必要な糖分などがスムーズに吸収されます。

しかし、運動中は汗をかき、大量の水分が失われ、体液の濃度が上がるためアイソトニックではうまく吸収しきれません。

体液の濃度を戻しながら水分を補給するには少し濃すぎるのです。

一方のハイポトニック飲料は低浸透圧に作られています。

ここでの浸透圧とは糖分の濃度によって決まるのですが、ハイポトニック飲料では2.5%以下の糖濃度になっています。

これはアスリートの競技中の体液の糖濃度と等しくなっています。

また、浸透圧が低いため、腸内での水分吸収がスムーズに行われるようになるので、運動中、運動後の水分補給にも役立ちます。

アイソトニック飲料を薄めるという方法もあるようですが、運動中、運動後はハイポトニック飲料を飲むのがいいということになります。

運動前はアイソトニック、運動中や運動後はハイポトニックというふうに上手く飲みわけることによって、

脱水症状や体の不調だけでなく運動のパフォーマンスにも影響してくるので、皆さんも気にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  2. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
  3. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  4. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
  5. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
ページ上部へ戻る