幼少期の筋量と骨の発達

先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した。

これまでの研究では、小児を対象とした研究で、身体組成と出生後早期の成長とが骨のミネラル密度に関連することが知られている。

この研究チームは、200人の子どもの出生後と6-7歳時に、骨のミネラル密度、脛骨の大きさや体組成を測定して評価を行い、その結果、6-7歳の子どもの筋量が多いことは、骨の発育に強く関係があり、体脂肪量と骨の発達との間には関係がないことを明らかにした。

研究チームは、「骨の強度や大きさは、長期的な骨粗しょう症や骨折の重要な要因である。骨量を最も高くできる時期の骨量を10%高めることは、骨粗しょう症の発症を13年遅らせるだろう」と述べている。

研究チームは同時に、幼少期の筋肉や骨の発育には、身体活動が重要であることを指摘している。

また、思春期前の6-7歳の子どもでも、除脂肪体重の変化と骨の発達は男性よりも女性の方がより強く関係性があるとしている。

一昔前は、幼少期に筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなるなどと、言われていたが、実際のところ、この時期にどれだけ活動性を高めていけるかというのが、筋の発達や骨の発達に大きな相関を持っているものが示唆されたかたちとなった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
  2. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  3. 2016-5-31

    膝の関節周辺防御機構

    膝の関節周辺防御機構とは、主に3つの靭帯組織系によって構成されます。内側側副靭帯(MCL)、…
  4. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  5. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
ページ上部へ戻る