幼少期の筋量と骨の発達

先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した。

これまでの研究では、小児を対象とした研究で、身体組成と出生後早期の成長とが骨のミネラル密度に関連することが知られている。

この研究チームは、200人の子どもの出生後と6-7歳時に、骨のミネラル密度、脛骨の大きさや体組成を測定して評価を行い、その結果、6-7歳の子どもの筋量が多いことは、骨の発育に強く関係があり、体脂肪量と骨の発達との間には関係がないことを明らかにした。

研究チームは、「骨の強度や大きさは、長期的な骨粗しょう症や骨折の重要な要因である。骨量を最も高くできる時期の骨量を10%高めることは、骨粗しょう症の発症を13年遅らせるだろう」と述べている。

研究チームは同時に、幼少期の筋肉や骨の発育には、身体活動が重要であることを指摘している。

また、思春期前の6-7歳の子どもでも、除脂肪体重の変化と骨の発達は男性よりも女性の方がより強く関係性があるとしている。

一昔前は、幼少期に筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなるなどと、言われていたが、実際のところ、この時期にどれだけ活動性を高めていけるかというのが、筋の発達や骨の発達に大きな相関を持っているものが示唆されたかたちとなった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  2. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
  3. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  4. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  5. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
ページ上部へ戻る