幼少期の筋量と骨の発達

先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した。

これまでの研究では、小児を対象とした研究で、身体組成と出生後早期の成長とが骨のミネラル密度に関連することが知られている。

この研究チームは、200人の子どもの出生後と6-7歳時に、骨のミネラル密度、脛骨の大きさや体組成を測定して評価を行い、その結果、6-7歳の子どもの筋量が多いことは、骨の発育に強く関係があり、体脂肪量と骨の発達との間には関係がないことを明らかにした。

研究チームは、「骨の強度や大きさは、長期的な骨粗しょう症や骨折の重要な要因である。骨量を最も高くできる時期の骨量を10%高めることは、骨粗しょう症の発症を13年遅らせるだろう」と述べている。

研究チームは同時に、幼少期の筋肉や骨の発育には、身体活動が重要であることを指摘している。

また、思春期前の6-7歳の子どもでも、除脂肪体重の変化と骨の発達は男性よりも女性の方がより強く関係性があるとしている。

一昔前は、幼少期に筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなるなどと、言われていたが、実際のところ、この時期にどれだけ活動性を高めていけるかというのが、筋の発達や骨の発達に大きな相関を持っているものが示唆されたかたちとなった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  2. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
  3. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  4. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  5. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
ページ上部へ戻る