顔色が急激に変化するのは皮膚中の血流量の変化が主因です。

毛細血管には筋肉はありませんが、それより太いすべての血管は自律神経系の弛緩させ拡張させたり、緊張して収縮させたりする血管平滑筋と呼ばれる筋肉で形成されていて、血流の調整は交感神経のノルアドレナリン血管収縮神経と血管拡張神経の作用で調整されています。

普段は体温調節のために弛緩と緊張を繰り返しています。

怖いときや緊張したとき、交感神経が働くと、そこから放出されるノルアドレナリンが近くの血管を収縮させるため皮膚の中の血流量が減り、結果として青ざめる状態になります。

逆にアルコールの摂取は、交感神経が鈍らせ、副交感神経を活性化させるため、血管拡張を引き起こして顔が赤くなります。

しかし、怒っているときなどは、交感神経優位にあるのでノルアドレナリンの関係から、顔色は蒼白になるはずですが、血圧が上がるため毛細血管内の血流量は増加して顔が赤くなったりします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  2. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  3. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  4. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  5. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
ページ上部へ戻る