顔色が急激に変化するのは皮膚中の血流量の変化が主因です。

毛細血管には筋肉はありませんが、それより太いすべての血管は自律神経系の弛緩させ拡張させたり、緊張して収縮させたりする血管平滑筋と呼ばれる筋肉で形成されていて、血流の調整は交感神経のノルアドレナリン血管収縮神経と血管拡張神経の作用で調整されています。

普段は体温調節のために弛緩と緊張を繰り返しています。

怖いときや緊張したとき、交感神経が働くと、そこから放出されるノルアドレナリンが近くの血管を収縮させるため皮膚の中の血流量が減り、結果として青ざめる状態になります。

逆にアルコールの摂取は、交感神経が鈍らせ、副交感神経を活性化させるため、血管拡張を引き起こして顔が赤くなります。

しかし、怒っているときなどは、交感神経優位にあるのでノルアドレナリンの関係から、顔色は蒼白になるはずですが、血圧が上がるため毛細血管内の血流量は増加して顔が赤くなったりします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  2. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  3. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
ページ上部へ戻る