延髄・橋・小脳・中脳

延髄(medullo oblongata)は円錐状で、下部は環椎の上縁で脊髄と連なり、上部は大後頭孔を通って頭蓋腔に入り、橋に続いています。

脊髄と延髄との間に明瞭な境界はありません。

延髄の前面には錐体(pyramis)という細長い隆起部があり、その錐体の外後側にはオリーブという長円形の膨らみがあり、その中にはオリーブ核が入っています。

ヒトのオリーブ核は、小脳とともに直立歩行に深く関わっています。

錐体外路の中継格であり、中脳の赤核、大脳皮質から神経線維が入力し、小脳へと出力線維が伸びています。

延髄後面には後正中溝(sulcus medianus posterior)という溝があります。

その両側に、薄束(fasciculus gracilis)と楔状束(fasciculus cuneatus)があります。

延髄の上外側部は下小脳脚(pedunculus cerebellar)をつくって小脳に入ります。

舌下神経は錐体外側で前外側溝から、舌咽神経と迷走神経はオリーブの後側から、副神経は迷走神経の下方と頸髄の側索から起こっています。

延髄には、嚥下、嘔吐、咳、くしゃみ、唾液や涙液の分泌などの反射中枢と、呼吸運動、心臓運動、血糖量の調節中枢があるため、意識の発現、生命の維持には必要不可欠な中枢になります。

橋(pons)は、延髄の上に続き、背面は第4脳室上半の底をなし、外側部は中小脳脚(pedunculus cereballer medius)となり、小脳に続いています。

橋は延髄や脊髄と大脳との間を行き交う多数の伝導路の通路にあたり、これらの伝導路の一部は橋で中継されて小脳に連結しています。

この他に橋にはいくつかの脳神経所属の核があります。

三叉神経は橋の外側部から発し、外転神経、顔面神経、内耳神経は橋の後縁において延髄の境から起こります。

橋はその内部構造から背部と底部に区別されます。

橋背部は橋被蓋ともいい、内側毛帯の腹側縁が橋底部との境になっています。

排便・排尿の中枢、呼吸調節の中枢にもなります。

小脳は、第4脳室(ventriculus quartus)を隔てて延髄と橋の背面にあるこぶし大の膨隆部で延髄および橋とともに後頭蓋窩を充たしており、中心に位置する虫部と左右の小脳半球に分けることが出来ます。

虫部に属する片葉は小脳の副側面で脳幹の両側に顔を出しています。

小脳の表面には多数の溝(sulcus)と回転(gyrus)とがあり、著しいしわを示しています。

この溝がみなほとんど走っていることと、溝の間隔、すなわち回転が細かいことが小脳の特徴で、大脳半球とはこの点ではっきりと区別されます。

小脳は下小脳脚によって延髄と、中小脳脚で橋と、上小脳脚で中脳と連結しています。

小脳は大脳と脊髄との間を走る伝導路の途中に介在するもので、錐体外路系のひとつの重要な中枢をなしています。

その機能は主として運動および平衡の調節中枢をなしています。

小脳の機能がおかされると構語障害(発生が正しくできない症状)や運動障害が起こります。

酒によったときにも小脳機能の障害をみることが出来ます。

第4脳室(ventriculus quartus)は菱脳の内部にある腔室で、下部は脊髄中心管、上部は中脳水道によって第3脳室に通じています。

室底は延髄と橋の背面で作られており、菱型のくぼみをなしていることから菱形窩(fassa rhomboidea)といいます。

背面は、前上半は上髄帆と結合腕、後下半が下髄帆と第4脳室脈絡叢から出来ており、これらを隔てて小脳が背方から覆いかぶさっています。

菱形窩の下角と外側角に相当する部には脈絡組織にそれぞれ正中口および外側口という孔が開いており、第4脳室はこれら3個の孔によってクモ膜下腔と交通しています。

中脳(mesencephalon)は菱脳の前上の方に続く部分です。

比較的発生初期の状態に留まっており、他の脳部よりも細く、あたかも大脳の首のように見えます。

成体では大きく発達した大脳半球に覆われていることから背面からも側面からもみえず、腹面でわずかに大脳脚の一部を露出しています。

背側の中脳蓋と腹側の大脳脚を分けると、そのなかに中脳水道(aqueductus cerebri)が通っています。

中脳は大脳と脊髄および小脳を連絡する多数の伝導路と中継所にあたっているほか、視覚と聴覚の反射中枢をなし、眼球運動や瞳孔収縮の運動中枢があります。

中脳蓋(tectum mesenncephail)は中脳の背部をなす四角い板状のの部で、中脳水道を含んで左右に走る平面が大脳脚との境になっています。

背面には上下2対の円い隆起があり、これをそれぞれ上丘、下丘といいます。

下丘の直下からは滑車神経が出ています。

大脳脚(pedunculus cerebri)はさらに被蓋と狭義の大脳脚に分けられます。

被蓋(tebmentum)は大脳脚の背内側部を占め、橋被蓋に続いています。

ほぼ中央部に長円体状の赤核があり、狭義の大脳脚との境のところに黒質(substania nigra)があります。

赤核は、中脳被蓋の中で赤くみえる部位のことです。

血管が密集しているので赤くみえます。

大脳皮質の運動野と小脳からの入力線維があり、オリーブと脊髄に出力線維があります。

この配線により赤核は運動野と小脳の間に介在することで、小脳による運動制御を可能にしています。

黒質は大脳基底核を構成する新計画のひとつで、緻密部と網様部があります。

緻密部は淡蒼球内節と同様に線条体や淡蒼球外節から抑制性の入力、および視床下核から興奮性の入力を受け、視床へ抑制性の出力を行います。

赤核、黒質はいずれも錐体外路系に属する灰白質塊です。

錐体外路系は、随意運動が起こるとき、全身の筋をバランスよく動かして、運動を円滑にするというような働きがあります。

たとえば、歩行時に随意運動は足に起こっていますが、無意識に腕を振ったり体幹をひねったりしてバランスをとる運動も同時に行っています。

このような調節は錐体外路系が行っています。

錐体外路系は脳のさまざまな部分が強調して働いているので、どこが中枢なのかは必ずしも明確ではありません。

特に重要と考えられている部位は、線条体・淡蒼球・赤核・黒質そして小脳です。

狭義の大脳脚(crus cerebri)は橋の上前方に続く1対の強大な堤防状の部分で、左右のものがおよそ直角をなし上前方に向かって開いています。

大脳半球から下降する運動性伝導路(錐体路と皮質橋路)の線維束からなり、橋底部に続いています。

左右の大脳脚の間からは橋の前で動眼神経が発し、前下方に走っています。

中脳水道(aqueductus cerebri)は中脳のなかを貫く脳室系で、第4脳室と第3脳室を連ねています。

その長さは約1.5cmで、横断面はおよそ三角形です。

菱脳は髄脳(延髄)と後脳(橋+小脳)からなり、中脳は(中脳蓋+被蓋+大脳脚)、前脳は間脳(視床+視床下部)と終脳=大脳(大脳半球)になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-27

    疲労の回復を促進するには?

    前回は疲労の原因について書きましたが、今回は疲労の回復についてです。疲労の原因は活性酸素が細…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
  4. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  5. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
ページ上部へ戻る