熱さと冷たさを感じる仕組み

この数年間に温度を感知する分子機械(温度受容体)が続々と発見されています。

TRPV1が43度以上の温度で活性化すし52度以上TRPV2、32度から39度以上がTRPV3、27度から35度以上がTRPV4とこの辺までが熱い、温かい系です。

逆に冷たい温度を感知するものに25度から28度以下を感知し、かつ皮膚に塗るとスーッとするメントールでも活性化されるTRPM8、17度以下で活性化されるTRPA1があります。

これらの中でTRPV3とTRPV4は表皮ケラチノサイトでに局在していることがわかっています。

ほかの温度受容体もこれから先、表皮で発見されると考えられています。

従来は温度刺激は表皮の深部に届いている神経抹消(自由神経終末)やクラウゼ小体と呼ばれる粗触覚ニューロンが形成する構造体が温度を感知していると考えられてきました。

しかし、こういったTRPVが表皮に存在していることが発見されて以来、表皮というものの見方、考えかたが変わってきています。

表皮は、痛み、痒みを感じるシステムだけでなく温度刺激の感受にも最前線で重要な役割を果たしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  2. 2016-11-26

    鵞足炎

    鵞足炎は、ランニングやジャンプ、切り返し動作などを繰り返すことにより、鵞足を形成する筋群に過度な負担…
  3. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  4. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  5. 2014-10-10

    ランボペルビック・リズムとは?

    腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。…
ページ上部へ戻る