熱さと冷たさを感じる仕組み

この数年間に温度を感知する分子機械(温度受容体)が続々と発見されています。

TRPV1が43度以上の温度で活性化すし52度以上TRPV2、32度から39度以上がTRPV3、27度から35度以上がTRPV4とこの辺までが熱い、温かい系です。

逆に冷たい温度を感知するものに25度から28度以下を感知し、かつ皮膚に塗るとスーッとするメントールでも活性化されるTRPM8、17度以下で活性化されるTRPA1があります。

これらの中でTRPV3とTRPV4は表皮ケラチノサイトでに局在していることがわかっています。

ほかの温度受容体もこれから先、表皮で発見されると考えられています。

従来は温度刺激は表皮の深部に届いている神経抹消(自由神経終末)やクラウゼ小体と呼ばれる粗触覚ニューロンが形成する構造体が温度を感知していると考えられてきました。

しかし、こういったTRPVが表皮に存在していることが発見されて以来、表皮というものの見方、考えかたが変わってきています。

表皮は、痛み、痒みを感じるシステムだけでなく温度刺激の感受にも最前線で重要な役割を果たしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  2. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
  3. 2015-3-21

    肺呼吸の必須条件は「水」

    肺とは、水よりも比重や粘性が小さく、扱いやすい空気を呼吸媒体として発達した呼吸器である。魚類がも…
  4. 2014-10-10

    ランボペルビック・リズムとは?

    腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。…
  5. 2017-3-28

    ウォーミングアップの理想

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエ…
ページ上部へ戻る