さまざまな輸送の仕組み

我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。

消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養素、老廃物、ガス交換、および細胞外と細胞内を隔てる細胞膜での物質の輸送である。

これには能動輸送、受動輸送などが挙げられる。前者はエネルギーを消費して、物質を輸送する物質輸送の仕組みであり、後者はエネルギーを消費しない。
後者には濃度の高い方から低い方へ拡散する濃度勾配に従うものと、電荷の高い方から低い方へ拡散する電気化学的勾配によるもの、そしてこれら両者によるものがある。

能動輸送はこれらの勾配に逆らって送る輸送方法である。

アメーバのような原生生物においても物質を取り込む際に、細胞膜がへこみ小胞として取り込む食作用を行う。

高等動物においてもこうした現象はみられ、多くは液状のものを取り込むために飲作用(ピノサイトーシス)と呼ばれる。

一方細胞がホルモン、神経伝達物質などを放出する際には、これと逆に小胞が細胞膜に接して開口し中の物質を放出する仕組みがある。

これを開口放出と呼ぶ(エキソサイトーシス)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  2. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  3. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
ページ上部へ戻る