ストレスとホルモンと肌

体調はすぐ肌に出ます。

精神的なストレスも皮膚に影響を及ぼします。

心のストレスが様々な臓器疾患に関係していることは、疑う人もいない常識になっています。

ストレスによって自己免疫機構が低下する、という実験結果も出ていますし、心のストレスでアトピー性皮膚炎の状態が悪化するといった報告もあるくらいです。

そして、そのストレスと皮膚を結びつけている要因がホルモンです。

そのホルモンが活躍するシステムを内分泌系といいます。

絶え間なく変化する環境の中で、身体の状態を保つためには、外の変化を察知して、それに応じた対処をするよう全身に命じなければならないのです。

生き物にはそれぞれ周期的な変化があります。

人間の場合には日内変動、サーカディアンリズムと呼ばれるものがあります。

夜になると眠くなる、朝、目が覚める、これらを維持しているのもメラトニンというホルモンです。

女性の場合には性周期があります。これにもプロゲステロンとエストラディオールというホルモンが関係しています。

閉経期にはエストラディオールとアンドロゲンのバランスの変化が起きます。

性周期を考える場合、生理前の1週間(黄体後期)に肌トラブルが多い傾向がありますし、閉経期の肌トラブルにもバリア機能の低下が関係しています。

しかも、ホルモン、性ホルモンと呼ばれるものは、細胞の核にある受容体に作用することが知られています。

細胞にホルモンがやってくると核の受容体にくっつき、その結果、様々な遺伝子からタンパク質が合成され、そのタンパク質の機能によって眼に見える生体の変化が起きます。

つまり、ストレスによるホルモン分泌の低下と肌の関係性はかなり大きなものがあります。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  2. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  3. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  4. 2015-1-28

    食べてエネルギーを消費する。

    人は生きるうえでエネルギーを摂取したり消費したりします。消費エネルギーを増やすために運動をす…
  5. 2015-6-5

    腰椎分離症とは…

    背骨は、S字状の構造を持っていて上半身の重さと、着地した時の地面からの衝撃を分散…
ページ上部へ戻る