ストレスとホルモンと肌

体調はすぐ肌に出ます。

精神的なストレスも皮膚に影響を及ぼします。

心のストレスが様々な臓器疾患に関係していることは、疑う人もいない常識になっています。

ストレスによって自己免疫機構が低下する、という実験結果も出ていますし、心のストレスでアトピー性皮膚炎の状態が悪化するといった報告もあるくらいです。

そして、そのストレスと皮膚を結びつけている要因がホルモンです。

そのホルモンが活躍するシステムを内分泌系といいます。

絶え間なく変化する環境の中で、身体の状態を保つためには、外の変化を察知して、それに応じた対処をするよう全身に命じなければならないのです。

生き物にはそれぞれ周期的な変化があります。

人間の場合には日内変動、サーカディアンリズムと呼ばれるものがあります。

夜になると眠くなる、朝、目が覚める、これらを維持しているのもメラトニンというホルモンです。

女性の場合には性周期があります。これにもプロゲステロンとエストラディオールというホルモンが関係しています。

閉経期にはエストラディオールとアンドロゲンのバランスの変化が起きます。

性周期を考える場合、生理前の1週間(黄体後期)に肌トラブルが多い傾向がありますし、閉経期の肌トラブルにもバリア機能の低下が関係しています。

しかも、ホルモン、性ホルモンと呼ばれるものは、細胞の核にある受容体に作用することが知られています。

細胞にホルモンがやってくると核の受容体にくっつき、その結果、様々な遺伝子からタンパク質が合成され、そのタンパク質の機能によって眼に見える生体の変化が起きます。

つまり、ストレスによるホルモン分泌の低下と肌の関係性はかなり大きなものがあります。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  2. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  3. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
  4. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
  5. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
ページ上部へ戻る