自律神経はその名のとおり自律性があり、自動的に内蔵の諸機能を調節しており、意思の力でその働き具合を変化させることは出来ません。

たとえば血圧は、頸動脈洞の伸展受容器によって絶えずモニターされています。

血圧が上昇すると、その情報が頸動脈洞から舌咽神経を通って脳幹の中枢に伝えられます。

脳幹からの指令は、自律神経を通じて心臓と血管に伝えられ、心拍出量の減少と血管の拡張を生じて血圧が低下します。

こういった経路を反射弓といい、反射弓とは刺激を受けた感覚器から、興奮が求心性神経を経て脊髄などの反射中枢に至り、折り返して遠心性神経に伝えられ、実行器に達して反応を起こす一連の経路のことをいいます。

このように内蔵の諸機能は反射的に調節されています。

大部分の臓器は交感神経と副交感神経の両者に支配されています。

これを二重支配といいます。

この両者は臓器に対して相反する指令を発します。

たとえば心臓に対して交感神経は促進、副交感神経は抑制の効果を発揮します。

これを拮抗支配といいます。

自律神経は必要なときにだけ臓器に信号を送っているのではなく、常にある程度の頻度で臓器を刺激しており、その頻度の増減によって臓器の機能を変化させます。

これを持続支配といいます。

交感神経前節は中脳・橋・延髄からなる脳幹に存在する各臓器の調節中枢から出て、脊髄を下行します。

第1胸髄から第2腰髄の間で前根から白交通枝を通って交感神経幹に達します。

交感神経幹や自律神経節において節前線維から節後線維になり、全身の諸機能、血管、汗腺などに分布して支配します。

節後線維の末端からノルアドレナリンが放出され支配臓器の機能を変化させます。

交感神経は精神的に緊張したり、運動時などに活動が亢進します。

血管や汗腺は交感神経の単独支配になります。

脳神経のうち動眼神経、顔面神経、舌咽神経にも副交感神経は含まれますが、最も重要なのは迷走神経です。

迷走神経は頭蓋から頸部を下行し、ほとんど全身の臓器に分布します。

迷走神経は支配する臓器のごく近傍で節前線維から節後線維になります。

直腸、膀胱、生殖器などの骨盤内臓器は仙髄から出る骨盤内臓神経に支配されます。

節後線維の末端から放出されるのはアセチルコリンです。

副交感神経はリラックスしたときに活動が亢進します。

具体的には心臓を抑制して心拍数を減らし瞳孔を縮小させます。

一方で、消化機能を促進させます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  2. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  3. 2017-3-19

    ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な…
  4. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  5. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
ページ上部へ戻る