タンパク質はアミノ酸という分子群が鎖状につながった巨大分子である。
様式は同じだがアミノ酸数個しかつながっていないものはペプチドと呼ぶ。

ペプチド、タンパク質と一言で言っても一つの物質ではない。

ペプチド類、タンパク質類という意味である。

タンパク質にはたくさんの種類があり、アルブミン、グロブリンなどと名前を付けられている。

ややこしいことにアルブミンという名前でも、卵にふくまれているものや、人の血液中にあるものなどで、いくつかの種類に分けられるのである。

卵白に含まれるので卵白アルブミン、人のアルブミンであるので、ヒトアルブミン(あるいはヒト血清アルブミン)といった具合である。

ペプチドの例としてはインスリンというホルモンもペプチドに分類される。

こうしたことから、ペプチドとタンパク質はほぼ同様なものと思ってよく、分子の大きさの違いであると考えてよい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  2. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  5. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
ページ上部へ戻る