増殖する細胞「白色脂肪細胞」

脂肪を語るうえで、欠かせないのが白色脂肪細胞という細胞です。

白色脂肪細胞は、食事によって過剰となり血液中に流れている中性脂肪などの脂質や糖(合成されて中性脂肪になる)を取り込み、エネルギーとして蓄えていきます。

とどのつまり、体の中の脂肪とは、白色脂肪細胞という細胞に蓄えられた中性脂肪なのです。

白色脂肪細胞は、全身に広く分布しています。

数は思春期にかけてぐっと増えていき、20歳前後の成人では約400億個となるといわれています。

白色脂肪細胞が脂肪を蓄えると、通常は直径が80μmほどの大きさになりますが、エネルギーが過剰になると、白色脂肪細胞が脂肪をどんどん取り込んで直径140μm近くまで肥大化し、最大、1μgの脂肪が入るといわれています。

これが脂肪の体積が増える理由の一つです。

少し前まで白色脂肪細胞は、乳幼児期や思春期など限られた時期にしか増加せず、その時期に生涯の数が決定すると考えられていました。

ところが近年の研究によって、思春期を過ぎても、存在する白色脂肪細胞が脂肪でいっぱいになると、細胞の数を増やしてさらに脂肪を取り込むということがわかってきました。

そのため、肥満者の白色脂肪細胞は、約800億にもなるといわれています。

逆に白色脂肪細胞は脂肪を蓄えるだけではなく、エネルギーが必要になったときに、自らの脂肪を分解し遊離脂肪酸とグリセロールという形で全身に供給します。

そのとき、白色脂肪細胞が死んでしまうかというとそうではありません。

脂肪を放出した白色脂肪細胞は、小さくなって前駆細胞という、いわば細胞の赤ちゃんの状態に戻ります。

そして、再度エネルギーが余った状態になると、すぐに大人の細胞になり、脂肪を取り込んでいくのです。

痩せたからといって脂肪細胞がなくなるわけではなく、小さくなるだけであるということです。

一度肥満になり脂肪細胞が増えて、痩せても脂肪細胞は減らないわけですから、やはり脂肪細胞を増やさないように日々エネルギーの管理をすることが大事になりますね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    もうひとつの脂肪細胞「褐色脂肪細胞」

    人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  2. 2015-7-29

    静的ストレッチングについて

    ストレッチングは運動療法において実勢頻度の高い手技のひとつです。ストレッチングにより得られる…
  3. 2015-12-16

    アルコールとタバコ依存

    糖や脂肪のようにエネルギー源になるわけでもないのに、ヒトがついついはまってしまう嗜好品というものがあ…
  4. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  5. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
ページ上部へ戻る