この物質は、母乳の分泌を促進したり、子宮を収縮させるホルモンとして古くからしられています。

赤ちゃんがお母さんの乳首に吸い付くと、その刺激がお母さんの脳、具体的には脳下垂体に届き、そこでオキシトシンが合成、放出されて乳腺に至るとお乳が分泌されるといった流れです。

しかしこのオキシトシンという物質は近年母乳の分泌だけではなく、様々な役割があることが報告されています。

たとえば、遺伝子操作でオキシトシンが造れないネズミは子育てをしなくなります。

こうなると、種としての生存が危うくります。

つまり、オキシトシンという物質は社会性を担う物質であることがわかります。

他者との関係を維持するのにオキシトシンは重要です。

オキシトシンは注射すると、不安が軽くなったり、鼻の孔に噴霧したら他人を信用するようになったという驚くべき研究結果もあるくらい心との関連性の強い物質です。

さらに、脳で造られる物質であるオキシトシンが表皮でも造られることがわかっています。

ということは、妊婦さんが病院で受けているメディカルアロマも、妊婦さんの表皮を刺激することで、オキシトシンの合成・分泌を促進できると考えれます。

やはり夫婦でのスキンシップは大事ですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  2. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  3. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  4. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  5. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
ページ上部へ戻る