この物質は、母乳の分泌を促進したり、子宮を収縮させるホルモンとして古くからしられています。

赤ちゃんがお母さんの乳首に吸い付くと、その刺激がお母さんの脳、具体的には脳下垂体に届き、そこでオキシトシンが合成、放出されて乳腺に至るとお乳が分泌されるといった流れです。

しかしこのオキシトシンという物質は近年母乳の分泌だけではなく、様々な役割があることが報告されています。

たとえば、遺伝子操作でオキシトシンが造れないネズミは子育てをしなくなります。

こうなると、種としての生存が危うくります。

つまり、オキシトシンという物質は社会性を担う物質であることがわかります。

他者との関係を維持するのにオキシトシンは重要です。

オキシトシンは注射すると、不安が軽くなったり、鼻の孔に噴霧したら他人を信用するようになったという驚くべき研究結果もあるくらい心との関連性の強い物質です。

さらに、脳で造られる物質であるオキシトシンが表皮でも造られることがわかっています。

ということは、妊婦さんが病院で受けているメディカルアロマも、妊婦さんの表皮を刺激することで、オキシトシンの合成・分泌を促進できると考えれます。

やはり夫婦でのスキンシップは大事ですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  2. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  3. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  4. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  5. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
ページ上部へ戻る