間脳の解剖 前編

間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。

背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませんが、腹面の一部は大脳脚と呼ばれる隆起の前に露出しています。

間脳の中には第三脳室があり、さらに間脳は視床脳と視床下部に分けられます。

 

視床脳とは、中脳に続く部で、第三脳室の両側を占めています。

視床脳の主部をなす視床は中脳蓋の前にある卵型の隆起部で、前外方は大脳半球に移行しています。

視床の後端部は視床枕という隆起をつくり、その腹側には内側膝状体、外側膝状体というふたつの高まりがあります。

視床脳とは視覚・聴覚をはじめ体の各部から集まる知覚伝導路が中継されるところで、これらの知覚に対する無意識的反射運動の中枢になります。

また、視床脳は意識下で感情が発するところであるとされています。

視床脳の背面正中線には中脳蓋の上に接して一個のエンドウマメ大の松果体があります。

松果体はメラトニンというホルモンを分泌する内分泌腺で、メラトニンは睡眠ー覚醒リズムに重要な働きを持ちます。

 

視床脳の前下方に位置する視床下部は、第三脳室の前下底をなしています。

視床下部は自律神経の総合的中枢があり、生体のはたらきに極めて重要な地位を占めています。

この部が破壊されると、体温調節・脂肪代謝などの傷害をきたし、また胃粘膜の出血や血糖値の上昇が起こります。

視床下部の後部には、左右の大脳脚にはさまれて一対の半球状の乳頭体があり、その内部の灰白質は嗅覚伝導路に関係しています。

乳頭体の前には正中線に漏斗という突起部があり、その先端に小指先大の下垂体が付いています。

視床下部の中には視索上核、室傍核、隆起核をはじめ、いくつかの小核が含まれており、それぞれ重要な神経ホルモンを産生しています。

また、視床下部第三脳室底部にある一対の小さな神経核の視交叉上核は体内時計をコントロールする最高中枢部になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  2. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  3. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  4. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  5. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
ページ上部へ戻る