神経系とは

神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神経系とに分けられ、中枢神経系は脳と脊髄、末梢神経系は動物性機能を担う体性神経系と植物性機能を担う自律神経系とに大別されます。

また、その興奮の伝導方向の違いにより求心性、遠心性に分けられ、体性神経系のうち知覚神経は求心性、運動神経は遠心性、自律神経系は両方の働きを持ちます。

神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなす神経細胞と、その周囲を取り巻くグリア細胞からなります。

神経本来の働きは神経細胞が担っており、グリア細胞は支持組織・栄養細胞・髄鞘の生成・食細胞としての働きを持ちます。

神経細胞からは刺激を求心的に細胞体へと伝える樹状突起とその興奮を末梢へと遠心的に伝える軸索という2種類の突起が伸びており、軸索の中には支持組織である神経細糸、細胞体と樹状突起や軸索間の物質輸送に関連している神経細管が多数走っています。

軸索は髄鞘とシュワン鞘の2つのさやに包まれています。

髄鞘は絶縁性のリン脂質の層でミエリン鞘とも呼ばれ、興奮伝導の速度を高速にする機能を持ちます。

シュワン鞘は最外部を取り巻く被膜で、中枢神経系には存在しません。

髄鞘は末梢神経系でシュワン細胞からなり、中枢神経系ではグリア細胞のひとつであるオリゴデンドロサイトからなります。

軸索の周りに髄鞘をもつと有髄線維、もたなければ無髄線維と分類されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  2. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  3. 2015-4-25

    約60兆個もある細胞とは

    人間は約60兆個の細胞からできています。生体を構成する最小単位であり、種々の細胞は形態と…
  4. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
  5. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
ページ上部へ戻る