甘い飲み物と脳の炎症の話

先日とある研究で、青年期の砂糖入り飲料の消費量が、健康に悪影響を与えるリスクが高いことが示唆されました。

あくまで人ではなく、ラットの実験においてですが、関係性はあるでしょう。

示唆された実験データは、人気の砂糖入り飲料に匹敵する濃度の糖や高果糖コーンシロップ(HFCS)が含まれている溶液を好きなだけ大量に消費した青年期のラットは、記憶力の問題と脳の炎症を起こし、前糖尿病となり、砂糖入り飲料を与えられた成人ラットや、砂糖を消費しなかった青年期のラットには、こうした健康問題は見られなかったというものです。

研究責任者は「青年期のような発達にとって大切な期間中は、脳は食事の影響に特に脆弱である」と述べてます。

研究チームは76匹のラットを対象に実験を行いました。

ラットのカロリー摂取量の約35-40%が、砂糖もしくはHFCSから摂ったものだそうです。
データによると平均的な米国の10代の総カロリー摂取量の約17%は糖分であるといわれています。

実験では、ラットの空間記憶能力を調べるため、迷路でテストしています。
そうすると、砂糖入り飲料、特にHFCS飲料を消費していた青年期のラットは、他のどのグループよりもテストの結果が悪かったというデータが報告されました。
これは、海馬で検出された神経炎症の結果である可能性であると研究者は報告しています。

海馬は記憶形成を制御する脳内の深い位置にある側頭葉の一部です。
アルツハイマー病や他の認知症患者の海馬は、損傷されていることが殆どと言われています。

研究者いわく、「砂糖が多く含まれた食事を消費すると、体重が増加し、代謝障害となるだけでなく、神経機能や認知能力に悪影響を与える」としています。

糖質の摂りすぎと脳の炎症は色々取り上げられますが、こういった実験からもその可能性は高いということですね。

みなさんも糖のとりすぎには十分注意してくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-13

    高齢者における筋力エクササイズ

    加齢により筋骨格量は減少し、筋力低下を引き起こすことはよく知られています。加齢による筋力低下…
  2. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  3. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  4. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  5. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
ページ上部へ戻る