私たちトレーナーの仕事、治療家の仕事をしていると常に相手にしなくてはいけないテーマに「痛み」というものがあります。

今日はその「痛み」の中でも「急性痛」と「慢性痛」の違いについて、少し考えてみます。

一般的に急性痛と慢性痛の違いといわれたら、時間経過の差であると思われるかもしれませんが、実はそうではなく、大事なのは痛みの発生機序の差がポイントになります。

痛みの多くは一過性である場合が多く、基礎疾患や原因が治癒するとこの痛みも消失します。

このような痛みが急性痛(acute pain)であり、病変組織に分布する痛覚線維が刺激されることで発生します。

病変がある部位を動かすと痛みが強化され安静が必要だと知らせてくれたりするあの痛みです。(これを警告信号といったりします。)

一方、慢性痛(chronic pain)は急性疾患の通常の経過や創傷治癒に要する妥当な時間を越えて持続する痛みのことをいいます。

従来は、急性痛の長引いたものが慢性痛とされてきましたが、近年両者が単に時間経過で分類できるものではないとわかってきました。

急性痛に対して、慢性痛は組織の傷害が消失した後でも、正常では痛みを引き起こさない程度の軽い刺激や交感神経系の興奮、あるいは心理的要因によって痛みが出現するようになります。

また、慢性痛があると生体のホメオスタシスの機能が低下し、自律神経系、内分泌系、免疫系など様々な生理的要素に変化が生じ、睡眠障害、食欲不振、性欲減退など抑うつ症状、さらに集中力欠如や易怒性などの心理社会的な反応もみられることがわかってきました。

これらは、慢性痛による中枢系の変化によるものと考えられています。

また、慢性痛は、歪められた痛み情報が脊髄から脳へ伝わり、本来存在しない痛みを脳内で作り出してしまうことも考えられます。

このように「急性痛」と「慢性痛」は時間経過の違いだけではなく、発生機序を考察して、アプローチしていくことが重要になります。

実際に、治療現場においてもなかなか解決しない慢性痛にお悩みのお客様は多いですが、脳に痛みに関するエラーの情報が入力されていることも考慮し、ただ痛い部分を弛めたり、温熱など物理療法的なアプローチをするのではなく、脳に正しい情報が入力されるような運動療法、いわゆるエクササイズアプローチで痛みの改善にもっていくことも重要になってきます。

肩こり・腰痛など慢性的な痛みを抱える方、マッサージに入ってるけどなかなか痛みが取れないとお悩みの方は多いですが、もう一度自分の動きやそれに伴って起こる感覚入力が正しいものなのか、チェックしてみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  2. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  3. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  4. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  5. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
ページ上部へ戻る