私たちトレーナーの仕事、治療家の仕事をしていると常に相手にしなくてはいけないテーマに「痛み」というものがあります。

今日はその「痛み」の中でも「急性痛」と「慢性痛」の違いについて、少し考えてみます。

一般的に急性痛と慢性痛の違いといわれたら、時間経過の差であると思われるかもしれませんが、実はそうではなく、大事なのは痛みの発生機序の差がポイントになります。

痛みの多くは一過性である場合が多く、基礎疾患や原因が治癒するとこの痛みも消失します。

このような痛みが急性痛(acute pain)であり、病変組織に分布する痛覚線維が刺激されることで発生します。

病変がある部位を動かすと痛みが強化され安静が必要だと知らせてくれたりするあの痛みです。(これを警告信号といったりします。)

一方、慢性痛(chronic pain)は急性疾患の通常の経過や創傷治癒に要する妥当な時間を越えて持続する痛みのことをいいます。

従来は、急性痛の長引いたものが慢性痛とされてきましたが、近年両者が単に時間経過で分類できるものではないとわかってきました。

急性痛に対して、慢性痛は組織の傷害が消失した後でも、正常では痛みを引き起こさない程度の軽い刺激や交感神経系の興奮、あるいは心理的要因によって痛みが出現するようになります。

また、慢性痛があると生体のホメオスタシスの機能が低下し、自律神経系、内分泌系、免疫系など様々な生理的要素に変化が生じ、睡眠障害、食欲不振、性欲減退など抑うつ症状、さらに集中力欠如や易怒性などの心理社会的な反応もみられることがわかってきました。

これらは、慢性痛による中枢系の変化によるものと考えられています。

また、慢性痛は、歪められた痛み情報が脊髄から脳へ伝わり、本来存在しない痛みを脳内で作り出してしまうことも考えられます。

このように「急性痛」と「慢性痛」は時間経過の違いだけではなく、発生機序を考察して、アプローチしていくことが重要になります。

実際に、治療現場においてもなかなか解決しない慢性痛にお悩みのお客様は多いですが、脳に痛みに関するエラーの情報が入力されていることも考慮し、ただ痛い部分を弛めたり、温熱など物理療法的なアプローチをするのではなく、脳に正しい情報が入力されるような運動療法、いわゆるエクササイズアプローチで痛みの改善にもっていくことも重要になってきます。

肩こり・腰痛など慢性的な痛みを抱える方、マッサージに入ってるけどなかなか痛みが取れないとお悩みの方は多いですが、もう一度自分の動きやそれに伴って起こる感覚入力が正しいものなのか、チェックしてみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
  2. 2015-3-13

    骨を鳴らすと太くなる?

    皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。このと…
  3. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  4. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  5. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
ページ上部へ戻る