先進国とアトピー性皮膚炎

みなさんアトピー性皮膚炎はご存知かと思います。

このアトピー性皮膚炎が日本を始めとして、特に先進国とされている地域で増加していることはご存知でしょうか??

今や、小学生の4割がアトピー性皮膚炎に罹患した経験を持った時代になってきています。

アトピー性皮膚炎に関しての学術誌に掲載されている疫学報告も様々です。

神戸大学のグループの調査で、阪神淡路大震災後、アトピー性皮膚炎患者の状態を調べたところ、住んでいた家の壊れた程度、すなわち全壊、半壊、ほぼ被害なしの順に症状の悪化が認められた(住環境の変化による心のストレス)、という報告があったり、ドイツの調査では、アトピー性皮膚炎罹患率は親の学歴に比例し、さらに借家住まいの子供より、持ち家住まいの子供に有意にアトピー性皮膚炎が多い、という調査結果もありますが因果関係は今のところ証明されてないみたいです。

しかし、アレルギー疾患が一律に増えていることは確実なようです。

本来、寄生虫や細菌に対する免疫物質IgEが、近年の清掃第一の環境になったためヒマになり、自己を他者として攻撃し始めたことが、アレルギー疾患、自己免疫疾患の要因であると考えられています。

近代化された現代では、細菌や寄生虫は駆逐され、都市化が進み、その一方で密閉性の高い室内でダニやカビが繁殖します。

さらに、日本ではかつては心の拠り所であった家族や地域との結びつきが失われ、経済の不安定化もあいまって日々のストレスが蓄積されています。

様々な変化は境目で起きます。生活環境と身体、心のバランスの崩壊が、その境目である皮膚に現れたのがアトピー性皮膚炎なのかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  3. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
ページ上部へ戻る