ニキビは皮脂腺に発生します。

毛穴で皮脂の生産が高くなると、皮脂腺の周囲の角層の増殖性の異常も起きて、角層細胞と皮脂が混ざったものが毛穴の中に溜まります。

これは、コメドと呼ばれ、ニキビの初期段階になります。この状態が進行して破裂すると炎症が起き、膿を持った大きなニキビになります。

最近の研究でこのニキビの初期段階に、皮脂の分解物であるオレイン酸が関与している可能性が明らかにされました。

皮脂の構成物質であるトリグリセライドがリパーゼという皮膚表面にもある酵素で分解されると、脂肪酸とグリセリンになります。

グリセリンはNMF(天然保湿因子)として役に立つからいいのですが、問題は脂肪酸です。

この脂肪酸の中でも不飽和脂肪酸に区分されるオレイン酸は、角層のバリア機能を低下させるほか、ケラチノサイトの中のカルシウム濃度を上昇させます。

ケラチノサイト内のカルシウム濃度が上昇すると、角層への移行もうまく進まなくなり、皮脂腺周囲の角層の異常の原因になっていると考えられます。

そうなるとやはり、皮脂が過剰に分泌されてコメドのぶつぶつができるほどになっているときには、軽く洗浄して清潔に保ったほうがいいみたいですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  2. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
  3. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  4. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  5. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
ページ上部へ戻る