ニキビは皮脂腺に発生します。

毛穴で皮脂の生産が高くなると、皮脂腺の周囲の角層の増殖性の異常も起きて、角層細胞と皮脂が混ざったものが毛穴の中に溜まります。

これは、コメドと呼ばれ、ニキビの初期段階になります。この状態が進行して破裂すると炎症が起き、膿を持った大きなニキビになります。

最近の研究でこのニキビの初期段階に、皮脂の分解物であるオレイン酸が関与している可能性が明らかにされました。

皮脂の構成物質であるトリグリセライドがリパーゼという皮膚表面にもある酵素で分解されると、脂肪酸とグリセリンになります。

グリセリンはNMF(天然保湿因子)として役に立つからいいのですが、問題は脂肪酸です。

この脂肪酸の中でも不飽和脂肪酸に区分されるオレイン酸は、角層のバリア機能を低下させるほか、ケラチノサイトの中のカルシウム濃度を上昇させます。

ケラチノサイト内のカルシウム濃度が上昇すると、角層への移行もうまく進まなくなり、皮脂腺周囲の角層の異常の原因になっていると考えられます。

そうなるとやはり、皮脂が過剰に分泌されてコメドのぶつぶつができるほどになっているときには、軽く洗浄して清潔に保ったほうがいいみたいですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-3

    足底筋膜炎のメカニズム

    足底筋膜(plantar fascia)は足底筋群を覆う筋膜のことですが、その中央部は強靭な線維で構…
  2. 2015-6-1

    この時期から暑熱馴化を

    最近は日差しも強くなり、だんだんと暑くなってきました暑くなってくると冷房をつけて暑さを回避し…
  3. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
  4. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
  5. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
ページ上部へ戻る