私たちの体の中では、絶えず数え切れないほどの情報が行き来しています。

そのおかげで健康な限り、無意識のうちにざまざまな生命維持機能が間違いなく働き、環境の変化に順応し、その上に様々なことを意識してはスムーズに行動できるのです。

その情報伝達のひとつは神経系による高速情報システムです。

もうひとつの情報システムとして、情報伝達物質と呼ばれる、様々な物質を使って情報を伝えるシステムがあります。

体のある器官から情報伝達物質が送り出されます。

それを受け取るのが受容体です。

情報伝達物質はいろいろありますが、その一つ一つに特有の受容体が存在します。

個々の情報伝達物質を鍵にたとえると、受容体は鍵穴装置です。

神経分子と神経分子の間で情報伝達を担っているものには、グルタミン酸、アセチルコリン、グリシン、アミノ酸、ATPなどがあります。

たとえば、ある神経細胞からグルタミン酸が放出されたとします。

それに対して興奮する細胞もあれば反応しない細胞もあります。

反応を示した細胞はグルタミン酸受容体を持っています。

受容体を持っていない細胞は何の反応も示しません。

ただ、最近は、特定の物質に選択的な受容体だけでなく、特定の温度に対して作動するTRPファミリーと呼ばれる受容体も発見されています。

この受容体は表皮にいくつか存在することがなってわかってきたみたいです。

まだまだこれからたくさんの受容体の発見があることでしょう。

日々の勉強が大切ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-6

    運動時の循環血液量調節機構

    運動中には、運動強度に応じて心拍出量は増し、かつ活動筋に大量に血液が流れるようにその部位の血管は拡張…
  2. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
  3. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  4. 2016-1-2

    嚢胞性病変であるガングリオン

    手関節の周囲に好発する嚢胞性病変であるガングリオンというものをご存知ですか?ガングリオンは、関節…
  5. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
ページ上部へ戻る