私たちの体の中では、絶えず数え切れないほどの情報が行き来しています。

そのおかげで健康な限り、無意識のうちにざまざまな生命維持機能が間違いなく働き、環境の変化に順応し、その上に様々なことを意識してはスムーズに行動できるのです。

その情報伝達のひとつは神経系による高速情報システムです。

もうひとつの情報システムとして、情報伝達物質と呼ばれる、様々な物質を使って情報を伝えるシステムがあります。

体のある器官から情報伝達物質が送り出されます。

それを受け取るのが受容体です。

情報伝達物質はいろいろありますが、その一つ一つに特有の受容体が存在します。

個々の情報伝達物質を鍵にたとえると、受容体は鍵穴装置です。

神経分子と神経分子の間で情報伝達を担っているものには、グルタミン酸、アセチルコリン、グリシン、アミノ酸、ATPなどがあります。

たとえば、ある神経細胞からグルタミン酸が放出されたとします。

それに対して興奮する細胞もあれば反応しない細胞もあります。

反応を示した細胞はグルタミン酸受容体を持っています。

受容体を持っていない細胞は何の反応も示しません。

ただ、最近は、特定の物質に選択的な受容体だけでなく、特定の温度に対して作動するTRPファミリーと呼ばれる受容体も発見されています。

この受容体は表皮にいくつか存在することがなってわかってきたみたいです。

まだまだこれからたくさんの受容体の発見があることでしょう。

日々の勉強が大切ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  2. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  3. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
  4. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  5. 2015-6-13

    神経系と知覚伝導路

    上行性伝導路は求心性伝導路ともよばれ、末梢からの刺激を中枢に導く経路の総称です。知覚・味覚・…
ページ上部へ戻る