からだの恒常性とは?

私たち人間のからだは内外の環境で起きる変化に対して、すばやく反応し、できるだけ一定の状態に保とうとします。

この現象をからだの恒常性(ホメオスタシス)といいます。

ホメオ(homeo)は『似ている』状態を、スタシス(stasis)は、『とどまっている』状態をさします。

米国の生理学者ウォルター・B・キャノンが提唱したギリシャ語由来の学術用語で、「生体内で起こる安定状態維持の傾向」を表す言葉です。

「ホメオスタシス」とは、変動しても支障はありませんが、ある変わらない状態にとどまっていることを意味します。

つまり、私たちのからだは、内外の環境からの刺激を常に受け、変動しつつも一定の恒常状態が保たれているのです。

細胞は、内部環境(浸透圧、pH、温度など)が一定に保たれてこそ、正常に機能することができます。

そのうえ、体液は常にホメオスタシスによって適正な状態に保たれていることが重要です。

体液とホメオスタシスの関係については次回ご説明します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  2. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  3. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  4. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  5. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
ページ上部へ戻る