からだの恒常性とは?

私たち人間のからだは内外の環境で起きる変化に対して、すばやく反応し、できるだけ一定の状態に保とうとします。

この現象をからだの恒常性(ホメオスタシス)といいます。

ホメオ(homeo)は『似ている』状態を、スタシス(stasis)は、『とどまっている』状態をさします。

米国の生理学者ウォルター・B・キャノンが提唱したギリシャ語由来の学術用語で、「生体内で起こる安定状態維持の傾向」を表す言葉です。

「ホメオスタシス」とは、変動しても支障はありませんが、ある変わらない状態にとどまっていることを意味します。

つまり、私たちのからだは、内外の環境からの刺激を常に受け、変動しつつも一定の恒常状態が保たれているのです。

細胞は、内部環境(浸透圧、pH、温度など)が一定に保たれてこそ、正常に機能することができます。

そのうえ、体液は常にホメオスタシスによって適正な状態に保たれていることが重要です。

体液とホメオスタシスの関係については次回ご説明します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  2. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
  3. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  4. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  5. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
ページ上部へ戻る