からだの恒常性とは?

私たち人間のからだは内外の環境で起きる変化に対して、すばやく反応し、できるだけ一定の状態に保とうとします。

この現象をからだの恒常性(ホメオスタシス)といいます。

ホメオ(homeo)は『似ている』状態を、スタシス(stasis)は、『とどまっている』状態をさします。

米国の生理学者ウォルター・B・キャノンが提唱したギリシャ語由来の学術用語で、「生体内で起こる安定状態維持の傾向」を表す言葉です。

「ホメオスタシス」とは、変動しても支障はありませんが、ある変わらない状態にとどまっていることを意味します。

つまり、私たちのからだは、内外の環境からの刺激を常に受け、変動しつつも一定の恒常状態が保たれているのです。

細胞は、内部環境(浸透圧、pH、温度など)が一定に保たれてこそ、正常に機能することができます。

そのうえ、体液は常にホメオスタシスによって適正な状態に保たれていることが重要です。

体液とホメオスタシスの関係については次回ご説明します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
  2. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  3. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  4. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  5. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
ページ上部へ戻る