キノコや海藻って野菜に入るの?

突然ですが、皆さんは一日の中で、どのくらい野菜を食べていますか?

野菜は摂りたくない!という方もいれば、野菜は摂ったほうが良いというのはわかっているが、野菜を摂ると何が良いのか?何をどれくらい食べればいいのか?などについて疑問がある方も多いのではないでしょうか。

そこで今日は、野菜について、特に種類分けについて書いていきます。

「これって野菜なの?」というわかりにくいものがありますよね?

例えばキノコ類、これは、厳密にいえば菌類という分類になりますが、食物繊維が豊富にとれるので、野菜としての摂取量に換算してもよいでしょう。

次に豆類です。

豆といっても豆により違いがあり、大豆などはタンパク質、レンズ豆や小豆などは糖質、インゲンやエンドウ豆は野菜に分類されます。

そして果物です。

果物は果物として扱い、やはりビタミンなどの体には欠かせない成分が多く含まれるので、野菜とは別に200グラムを目安に摂るようにしましょう。

野菜によく似た海藻類はどうでしょうか。

海藻にはミネラルや水溶性の食物繊維が多く含まれ、さらに低カロリーである為身体に良い食物とされていますので、野菜として扱い一日の野菜の摂取目安の350gのうちに含んでよいとされます。

最後に、芋類です。芋類は野菜ではなく、「芋類」として扱われることが多いようです。
芋類にも、抗酸化作用のあるものや、胃腸の調子を整えるものがあり、身体には良いものなので、芋類もまた野菜とは別に、しっかりと摂取するようにしましょう。

さらに、「緑黄色野菜」「淡色野菜」という分け方もあります。

緑黄色野菜は可食部100グラム当たりのカロテン含有量が600μg以上の野菜のことです。

カロテンは色素成分であり、強い抗酸化作用のある成分として知られています。

活性酸素の発生は様々な生活習慣病の原因になるといわれるため、緑黄色野菜を摂り抗酸化作用を持つ成分を摂ることは、生活習慣病の予防にもつながると言えます。

一方で、淡色野菜の働きは少ないのかというとそうではなく、ビタミンや食物繊維が豊富なためやはり摂取しなければなりません。

緑黄色野菜に分類されるものは、ホウレンソウ、小松菜、ニンジン、ブロッコリー、ピーマン、パプリカ、トマト、アスパラガスなどで、淡色野菜に分類されるものは、キャベツ、レタス、大根、玉ねぎ、ナス、ゴーヤ、白菜、もやし、カリフラワー、セロリなどになります。

これらのことを踏まえ、野菜は一日の中で350gの摂取が推奨されていますが、その中の230gを淡色野菜、120gを緑黄色野菜で摂るのが理想的とされています。

今日は分りにくい野菜の分類についてお話しました。

350gというと結構な量になりますが、今後は食べやすい調理法など、ご紹介していきたいと思います。

ではまた!

もっと見る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  3. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  4. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  5. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
ページ上部へ戻る