もうひとつの脂肪細胞「褐色脂肪細胞」

人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。

ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、その熱で体温を上げ維持します。

これもエネルギーをたくさん消費する基礎代謝です。

基礎代謝が正常であれば、平熱は36℃台に保たれています。

体温が1℃低いと、1日およそ140キロカロリー消費できなくなります。脂肪に換算するとおよそ20グラムになり、1ヶ月で0.6キロも太ってしまうことになります。

さらに体温が低いと、内臓の働きが弱ったり、肌の新陳代謝が鈍くなったり、エネルギーの消費量が減少していきます。

ここで登場するのがエネルギーを燃やす細胞、褐色脂肪細胞です。

体が寒さを感じると白色脂肪細胞というエネルギーを貯える細胞から褐色脂肪細胞が燃料を受け取り、それを燃やして熱を生み出し体温を上げます。

その褐色脂肪細胞の働きが悪いと燃料を燃やせず、体温を上げることができません。

つまりこの細胞を活性化すれば、体温も基礎代謝も上げられるのです。

褐色脂肪細胞は首と肩甲骨付近に密集しています。そこで熱を生み出し、全身に温かい血液を送ることで体温を上昇させています。

体には寒さを感じる冷点というセンサーがあります。
固有感覚受容器でいう自由神経終末です!

そこを刺激すると、体は寒いと感じ、褐色脂肪細胞が働くスイッチをオンにすることになるのです。

実は冷点が多い手が褐色脂肪細胞活性化のスイッチになります。

しかも手は全身の中でもっとも脳の感覚野の領域が広い場所。
冷たいものを触ると寒いという情報が脳に大量に伝わります。

すると脳が体温を上げなければと判断し、褐色脂肪細胞を活発に働かせるのです。

こうすることで体熱が上がり、基礎代謝も高くなる。

結果効率よくエネルギー消費ができ、ダイエットにも繋がるんです!

手のひらに氷で刺激を入れるというダイエットもあるくらいですから、一度試してみてはいかがですか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  2. 2014-9-28

    適度な運動はストレスに強い脳を作る!

    適度な運動は、健康な身体づくりに欠かせませんが、最近の研究では、運動が人にもたらすメリットはそれだけ…
  3. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
  4. 2016-12-1

    スポーツ歯科の重要性

    なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?それは歯と運動能力には密接な関係があるから…
  5. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…
ページ上部へ戻る