もうひとつの脂肪細胞「褐色脂肪細胞」

人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。

ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、その熱で体温を上げ維持します。

これもエネルギーをたくさん消費する基礎代謝です。

基礎代謝が正常であれば、平熱は36℃台に保たれています。

体温が1℃低いと、1日およそ140キロカロリー消費できなくなります。脂肪に換算するとおよそ20グラムになり、1ヶ月で0.6キロも太ってしまうことになります。

さらに体温が低いと、内臓の働きが弱ったり、肌の新陳代謝が鈍くなったり、エネルギーの消費量が減少していきます。

ここで登場するのがエネルギーを燃やす細胞、褐色脂肪細胞です。

体が寒さを感じると白色脂肪細胞というエネルギーを貯える細胞から褐色脂肪細胞が燃料を受け取り、それを燃やして熱を生み出し体温を上げます。

その褐色脂肪細胞の働きが悪いと燃料を燃やせず、体温を上げることができません。

つまりこの細胞を活性化すれば、体温も基礎代謝も上げられるのです。

褐色脂肪細胞は首と肩甲骨付近に密集しています。そこで熱を生み出し、全身に温かい血液を送ることで体温を上昇させています。

体には寒さを感じる冷点というセンサーがあります。
固有感覚受容器でいう自由神経終末です!

そこを刺激すると、体は寒いと感じ、褐色脂肪細胞が働くスイッチをオンにすることになるのです。

実は冷点が多い手が褐色脂肪細胞活性化のスイッチになります。

しかも手は全身の中でもっとも脳の感覚野の領域が広い場所。
冷たいものを触ると寒いという情報が脳に大量に伝わります。

すると脳が体温を上げなければと判断し、褐色脂肪細胞を活発に働かせるのです。

こうすることで体熱が上がり、基礎代謝も高くなる。

結果効率よくエネルギー消費ができ、ダイエットにも繋がるんです!

手のひらに氷で刺激を入れるというダイエットもあるくらいですから、一度試してみてはいかがですか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  3. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  4. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
  5. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
ページ上部へ戻る