表皮から真皮までえぐりとられてしまった皮膚全層におよぶ傷の時、まず開いた傷口から浸出液がでてきます。

それに伴い、傷口を塞ぐようにケラチノサイトが増殖し開いた部分に移動いてきます。

真皮についても繊維芽細胞(ファイブロブラスト)によるコラーゲンの新生が起きて、傷口は塞がれ、浸出液や死んだケラチノサイトが混ざって形成されているかさぶたの下に新しい角層ができ、かさぶたが剥がれて、元のきれいな皮膚に戻ります。

傷ができたとき、傷口は乾燥させるべきだ、というのが現在の考え方が主流です。

怪我をした際、絆創膏を貼るのは応急処置でしかありませんし、ぐちゃぐちゃになった絆創膏を貼り付けたままでは傷は治りません。

なぜなら傷の自己再生にも傷の周辺の物理的環境が影響しているからです。

これらの一連の傷の治ってゆく経過において傷口に滲み出す浸出液の組成、カルシウムとマグネシウムの量を測定し血清と比較すると、傷ができて出てくる浸出液はマグネシウムのカルシウムに対する比率が血清のそれより高くなっています。

その後傷が治るにしたがいマグネシウムの比率は低下し、傷が治ったころには血清におけるマグネシウム対カルシウム比は同じになっています。

傷が治るプロセスは、穴が開いた部分にケラチノサイトが移動してき、その穴を覆う作業することです。

培養しているケラチノサイトの培養液の中のマグネシウムのカルシウムに対する比率をあげてみるとケラチノサイトがぞろぞろ動き出すことがわかっています。

反対にカルシウムの濃度を上げるとケラチノサイトの移動がとまります。

つまり、傷ができるとそこから滲みだす浸出液の中のマグネシウムとカルシウムの比で傷を塞ぐ作業を進めたりストップさせたりしているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-22

    大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

    トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないと…
  2. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
  3. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  4. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  5. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
ページ上部へ戻る