表皮から真皮までえぐりとられてしまった皮膚全層におよぶ傷の時、まず開いた傷口から浸出液がでてきます。

それに伴い、傷口を塞ぐようにケラチノサイトが増殖し開いた部分に移動いてきます。

真皮についても繊維芽細胞(ファイブロブラスト)によるコラーゲンの新生が起きて、傷口は塞がれ、浸出液や死んだケラチノサイトが混ざって形成されているかさぶたの下に新しい角層ができ、かさぶたが剥がれて、元のきれいな皮膚に戻ります。

傷ができたとき、傷口は乾燥させるべきだ、というのが現在の考え方が主流です。

怪我をした際、絆創膏を貼るのは応急処置でしかありませんし、ぐちゃぐちゃになった絆創膏を貼り付けたままでは傷は治りません。

なぜなら傷の自己再生にも傷の周辺の物理的環境が影響しているからです。

これらの一連の傷の治ってゆく経過において傷口に滲み出す浸出液の組成、カルシウムとマグネシウムの量を測定し血清と比較すると、傷ができて出てくる浸出液はマグネシウムのカルシウムに対する比率が血清のそれより高くなっています。

その後傷が治るにしたがいマグネシウムの比率は低下し、傷が治ったころには血清におけるマグネシウム対カルシウム比は同じになっています。

傷が治るプロセスは、穴が開いた部分にケラチノサイトが移動してき、その穴を覆う作業することです。

培養しているケラチノサイトの培養液の中のマグネシウムのカルシウムに対する比率をあげてみるとケラチノサイトがぞろぞろ動き出すことがわかっています。

反対にカルシウムの濃度を上げるとケラチノサイトの移動がとまります。

つまり、傷ができるとそこから滲みだす浸出液の中のマグネシウムとカルシウムの比で傷を塞ぐ作業を進めたりストップさせたりしているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  2. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  3. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  4. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  5. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る