皮脂はいわゆる毛穴にある皮脂腺という器官から分泌されます。

その成分も細胞間脂質には含まれないトリグリセライド、スクワレンなどが人間の皮脂では主要な構成物になってきます。

この皮脂の役割については長らく不明で、よくニキビの原因になり、若い女性にとってはテカった顔という印象とも映り、世間では、皮脂の分泌を抑えるほうが良い

とされてきました。

しかし、近年では皮脂の役割が見直されつつあります。

それは皮脂はグリセリンの供給源ではないかと考えられているからです。

グリセリンといえば、昔から効果の高い保湿剤としてスキンケアに用いられています。

さらに、皮脂は油なので、当然水をはじきます。

これも特に人間では重要な意味を持っていて、皮脂成分を哺乳類の中で比較すると面白い結果がわかります。

ネズミ、ネコ、イヌ、ウマ、ヒツジ、サルは皮脂腺からコレステロールを分泌しています。しかしこれらはスクワレンを分泌していません。

それに対して人間は、コレステロールではなくスクワレンを分泌しています。

コレステロールは水になじみやすい物質で、スクワレンは水をはじく物質です。

つまり、動物は毛に覆われて体を守っていまが、人間はほとんど毛を失っているため体をウォータープルーフにする必要があってコレステロールに代わりスクワレンを分泌しているのではないかと考えられています。

こう考えていくと、皮脂は人間にとって役に立っているものだと考えられます。

洗顔のしすぎもよくないですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-2

    腰椎椎間板ヘルニアってなに??

    腰椎椎間板ヘルニアって聞いたことあるけど...今回は…
  2. 2014-11-21

    肩関節の評価の考え方

    肩関節は関節複合体とも呼ばれているように腕の動きは複数の関節で動き、1つの関節だけで動くものではない…
  3. 2017-2-15

    最大筋力を高めるために

    パフォーマンスをあげるために大きく影響する最大筋力ですが、この最大筋力は「筋の断面積」「運動単位の動…
  4. 2017-9-16

    腱や靭帯と年齢について

    骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、引張強度、…
  5. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
ページ上部へ戻る