皮脂はいわゆる毛穴にある皮脂腺という器官から分泌されます。

その成分も細胞間脂質には含まれないトリグリセライド、スクワレンなどが人間の皮脂では主要な構成物になってきます。

この皮脂の役割については長らく不明で、よくニキビの原因になり、若い女性にとってはテカった顔という印象とも映り、世間では、皮脂の分泌を抑えるほうが良い

とされてきました。

しかし、近年では皮脂の役割が見直されつつあります。

それは皮脂はグリセリンの供給源ではないかと考えられているからです。

グリセリンといえば、昔から効果の高い保湿剤としてスキンケアに用いられています。

さらに、皮脂は油なので、当然水をはじきます。

これも特に人間では重要な意味を持っていて、皮脂成分を哺乳類の中で比較すると面白い結果がわかります。

ネズミ、ネコ、イヌ、ウマ、ヒツジ、サルは皮脂腺からコレステロールを分泌しています。しかしこれらはスクワレンを分泌していません。

それに対して人間は、コレステロールではなくスクワレンを分泌しています。

コレステロールは水になじみやすい物質で、スクワレンは水をはじく物質です。

つまり、動物は毛に覆われて体を守っていまが、人間はほとんど毛を失っているため体をウォータープルーフにする必要があってコレステロールに代わりスクワレンを分泌しているのではないかと考えられています。

こう考えていくと、皮脂は人間にとって役に立っているものだと考えられます。

洗顔のしすぎもよくないですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  2. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  3. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  4. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  5. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
ページ上部へ戻る