皮脂はいわゆる毛穴にある皮脂腺という器官から分泌されます。

その成分も細胞間脂質には含まれないトリグリセライド、スクワレンなどが人間の皮脂では主要な構成物になってきます。

この皮脂の役割については長らく不明で、よくニキビの原因になり、若い女性にとってはテカった顔という印象とも映り、世間では、皮脂の分泌を抑えるほうが良い

とされてきました。

しかし、近年では皮脂の役割が見直されつつあります。

それは皮脂はグリセリンの供給源ではないかと考えられているからです。

グリセリンといえば、昔から効果の高い保湿剤としてスキンケアに用いられています。

さらに、皮脂は油なので、当然水をはじきます。

これも特に人間では重要な意味を持っていて、皮脂成分を哺乳類の中で比較すると面白い結果がわかります。

ネズミ、ネコ、イヌ、ウマ、ヒツジ、サルは皮脂腺からコレステロールを分泌しています。しかしこれらはスクワレンを分泌していません。

それに対して人間は、コレステロールではなくスクワレンを分泌しています。

コレステロールは水になじみやすい物質で、スクワレンは水をはじく物質です。

つまり、動物は毛に覆われて体を守っていまが、人間はほとんど毛を失っているため体をウォータープルーフにする必要があってコレステロールに代わりスクワレンを分泌しているのではないかと考えられています。

こう考えていくと、皮脂は人間にとって役に立っているものだと考えられます。

洗顔のしすぎもよくないですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  2. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  3. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  4. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  5. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
ページ上部へ戻る