皮膚が水を通さないバリア機能を担っているのは、表皮のケラチノサイトが死んで推積してできた角層です。

厚さは部位によって異なり、手のひらや足の裏のかかとなどは分厚くなっています。

それ以外では、だいたい10~20ミクロン程度しかなのにもかかわらず、プラスチック膜並みの水の通しにくさを持っています。

なぜ、死んだ細胞の推積物にそれほど優れたバリア機能があるのでしょう??

それは角層の特異な構造に秘密があります。

表皮のケラチノサイトが皮膚の表面で死ぬ前に、細胞の中に含んだリン脂質、スフィンゴ糖、コレステロールが細胞外に押し出され細胞間を埋めます(細胞間脂質)。

こうしてできた角層を眺めてみると、レンガをモルタルかセメントを使いながら積み上げたようにみえます。

「Brick & Mortar」(レンガとモルタル構造)

レンガが死んで硬くなったケラチノサイトであり、モルタルが細胞間脂質です。

この構造が優れたバリア機能を発揮するのだと提唱されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  2. 2015-9-2

    脊柱のカップリングモーションと歩行

    脊柱にはカップリングモーションという機構があります。これは脊柱の動きは、カップル(二つ一…
  3. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  4. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  5. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
ページ上部へ戻る