皮膚が水を通さないバリア機能を担っているのは、表皮のケラチノサイトが死んで推積してできた角層です。

厚さは部位によって異なり、手のひらや足の裏のかかとなどは分厚くなっています。

それ以外では、だいたい10~20ミクロン程度しかなのにもかかわらず、プラスチック膜並みの水の通しにくさを持っています。

なぜ、死んだ細胞の推積物にそれほど優れたバリア機能があるのでしょう??

それは角層の特異な構造に秘密があります。

表皮のケラチノサイトが皮膚の表面で死ぬ前に、細胞の中に含んだリン脂質、スフィンゴ糖、コレステロールが細胞外に押し出され細胞間を埋めます(細胞間脂質)。

こうしてできた角層を眺めてみると、レンガをモルタルかセメントを使いながら積み上げたようにみえます。

「Brick & Mortar」(レンガとモルタル構造)

レンガが死んで硬くなったケラチノサイトであり、モルタルが細胞間脂質です。

この構造が優れたバリア機能を発揮するのだと提唱されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-23

    激しい運動に耐えるスポーツ心臓

    私たちの身体は与えられた刺激に応じて、それに適応する能力をもっています。心臓も同様に長時間高度な…
  2. 2015-12-14

    食欲とグルコスタティックセオリー(糖定常説)

    1955年、アメリカの科学者Jean Mayerは、視床下部には血中のグルコースの濃度を検知するニュ…
  3. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2015-8-8

    随意運動と筋

    骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。骨格筋は、中枢神経系で形成され…
ページ上部へ戻る