驚くべき脂肪細胞の能力

脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。

それゆえに現代人にあっては、とかく蔑視されがちな存在である。

この組織は,白色脂肪細胞,その前駆細胞を含む線維芽細胞,マクロフアージ,血管周囲細胞,血液細胞などから構成されている。

脂肪細胞の数は,ヒト成人でおよそ300億個,肥満者では400、600億個にも達する。

脂肪1gは9kcalのエネルギーを有するので20歳代の平均的男子の場合,体重64kg,体脂肪率20%とすると,体脂肪は12.8kgとなり,これをエネルギーに換算すると115,200kcal,ご飯で茶碗720杯分になる。

これは20歳代男子のエネルギー所要量からみると45日分のエネルギー量に相当します。

動物は本来常に「飢え」に直面しているので,活動のためのエネルギー源を体内に貯蔵しておくことが生き残るための必須条件である。

従って、動物がエネルギーを体内に溜め込む機構はさわめて巧妙に出来ているわけだ。

生体のエネルギーは,もっぱら摂取食物に依存するわけだが、脂肪組織は一連の脂肪細胞の増殖と分化の過程を介して、きわめて効率的にエネルギーを脂肪の形態で貯蔵する。

動物は本来生存のためにエネルギーを脂肪として体内に保持しやすく、かつ放出しにくいという生理的特徴がある。

この点においては非常によくできた機能ではあるが、飽食の時代である現代日本では肥満が多いことの原因になっているのだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
  3. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  4. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  5. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
ページ上部へ戻る