驚くべき脂肪細胞の能力

脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。

それゆえに現代人にあっては、とかく蔑視されがちな存在である。

この組織は,白色脂肪細胞,その前駆細胞を含む線維芽細胞,マクロフアージ,血管周囲細胞,血液細胞などから構成されている。

脂肪細胞の数は,ヒト成人でおよそ300億個,肥満者では400、600億個にも達する。

脂肪1gは9kcalのエネルギーを有するので20歳代の平均的男子の場合,体重64kg,体脂肪率20%とすると,体脂肪は12.8kgとなり,これをエネルギーに換算すると115,200kcal,ご飯で茶碗720杯分になる。

これは20歳代男子のエネルギー所要量からみると45日分のエネルギー量に相当します。

動物は本来常に「飢え」に直面しているので,活動のためのエネルギー源を体内に貯蔵しておくことが生き残るための必須条件である。

従って、動物がエネルギーを体内に溜め込む機構はさわめて巧妙に出来ているわけだ。

生体のエネルギーは,もっぱら摂取食物に依存するわけだが、脂肪組織は一連の脂肪細胞の増殖と分化の過程を介して、きわめて効率的にエネルギーを脂肪の形態で貯蔵する。

動物は本来生存のためにエネルギーを脂肪として体内に保持しやすく、かつ放出しにくいという生理的特徴がある。

この点においては非常によくできた機能ではあるが、飽食の時代である現代日本では肥満が多いことの原因になっているのだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  2. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  3. 2014-10-10

    ランボペルビック・リズムとは?

    腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。…
  4. 2015-11-24

    肩関節周囲炎とそのアプローチによる機能予後

    肩関節周囲炎は、中年以降に起こる肩関節の拘縮と痛みを症状とする機能障害の総祢です。発症のきっかけ…
  5. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
ページ上部へ戻る