ホクロとは?

ほくろは表皮の最深部にある色素細胞であるメラノサイトが突然変異したものです。

メラノサイトの遺伝子の異常を伴う奇形であり、それによる腫瘍であると定義されています。

一般的にほくろと呼んでいるものは専門的には「母斑」という言葉で表現されます。

母斑の大抵の場合がメラノサイトの異常増殖です。

母斑ができる理由は、遺伝子の異常が大きく関係していて、先天的な因子や後天的な因子が一部の細胞のDNA情報を狂わせたとしか言いようがないです。

放置していてもかまわないものはその異常が一定の範囲にとどまっている、いわゆる良性腫瘍です。

しかし、よく知られているように、紫外線などの刺激がほくろにさらなるDNA異常を引き起こし、悪性腫瘍(メラノーマ)になったもの、これはガンの中でも転移しやすい性質を持つため、悪性の強いものに分類されています。

こういった紫外線の他にほくろは、妊娠したときなどのホルモンの変化でも一時的に大きくなったりします。

「母斑」が悪性化する可能性は100万分の1と言われているので、そこまで気にする必要ないと思いますが、過度に紫外線にあたるときなどは気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  2. 2014-9-27

    もうひとつの脂肪細胞「褐色脂肪細胞」

    人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  3. 2017-3-13

    高齢者における筋力エクササイズ

    加齢により筋骨格量は減少し、筋力低下を引き起こすことはよく知られています。加齢による筋力低下…
  4. 2015-12-6

    音楽の嗜好性

    人はそれぞれさまざまな好みをもちます。音楽も例外ではありません。一口に音楽の好みとい…
  5. 2017-5-20

    スポーツとパワー

    迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢…
ページ上部へ戻る