ホクロとは?

ほくろは表皮の最深部にある色素細胞であるメラノサイトが突然変異したものです。

メラノサイトの遺伝子の異常を伴う奇形であり、それによる腫瘍であると定義されています。

一般的にほくろと呼んでいるものは専門的には「母斑」という言葉で表現されます。

母斑の大抵の場合がメラノサイトの異常増殖です。

母斑ができる理由は、遺伝子の異常が大きく関係していて、先天的な因子や後天的な因子が一部の細胞のDNA情報を狂わせたとしか言いようがないです。

放置していてもかまわないものはその異常が一定の範囲にとどまっている、いわゆる良性腫瘍です。

しかし、よく知られているように、紫外線などの刺激がほくろにさらなるDNA異常を引き起こし、悪性腫瘍(メラノーマ)になったもの、これはガンの中でも転移しやすい性質を持つため、悪性の強いものに分類されています。

こういった紫外線の他にほくろは、妊娠したときなどのホルモンの変化でも一時的に大きくなったりします。

「母斑」が悪性化する可能性は100万分の1と言われているので、そこまで気にする必要ないと思いますが、過度に紫外線にあたるときなどは気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  2. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  3. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  4. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  5. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
ページ上部へ戻る