なぜ水虫は足に多いのか?

堅固な角層も時には菌に侵されることがあります。

水虫、田虫といわれるような病気で、白癬菌と呼ばれる一種のカビ(糸状菌)が角層をエサにして繁殖するものです。

正式名は皮膚糸状菌症あるいは白癬です。

これはご存知のように、足の裏や指の間に発生することが多いです。

皮膚科外来のえ疫学調査では、白癬のうち、足に発生したものが60%以上と圧倒的に多く、次が爪、体部、股間、頭となっています。

季節変動については、いずれも夏に多くなります。

足に多い理由は、この部分の角層が分厚いため、生体由来の抗菌システムが届かないか、抗菌作用、水をはじく作用のある皮脂が足の裏にはないことが原因かと思われます。

爪も死んだ細胞の集合体で免疫機能がおよばないので、結構、白癬菌におかされることが多いようです。

股にできるものを俗にインキン、頭にできるものをしらくもと呼びます。

日本の白癬菌感染者の原因菌は、白癬菌など5種ほどの菌に限られていたそうですが、最近のぺットブームで世界各地から輸入されるネコ、ウサギ、モルモットなどから新しい菌が侵入してきているようです。

気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  4. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  5. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
ページ上部へ戻る